瀬川結菜さん心の行方「去来していた葛藤が向かわせた先は」札幌女子大生死体遺棄事件

瀬川由奈さん殺害事件
Pocket

小樽市の女子大生、瀬川結菜(せがわゆいな)さん(22)が札幌市東区で小野勇容疑者に殺害され、遺体となって発見された事件。

小野容疑者は逮捕され、取り調べが進むにつれて2人の足取りやTwitterで連絡を取り合っていたことがわかりました。

大学での成績は優秀。家族からも愛されていた瀬川結菜さん。

瀬川結菜さんはなぜ、小野勇容疑者のもとへ向かったのでしょうか。

瀬川さんの心に去来していた想いとはなんだったのか。この記事は瀬川結菜さんの殺害時の詳しい状況について、タロットティアラさんの霊視タロットの結果を踏まえながらまとめます。


瀬川結菜さん防犯カメラ画像「映像からつながった点と線」


小野勇の殺害手口をリークしたA子の正体「心優しき死神の真意」


小野勇瀬川結菜監禁に浮かぶ4つの疑問「お姉ちゃん、死にたかったんでしょ?」結奈妹の意味深ツイートの真意


小野勇殺人請負人「心優しき死神でありたい」札幌東区22歳女子大学生死体遺棄事件


瀬川結菜さん妹の訴え「マスゴミの被害者」札幌市東区女子学生殺人事件


小野勇の自宅犯行現場「ナチュラル美人な学生との関係性」瀬川結菜さん殺害事件

札幌女子大生死体遺棄事件への3つの疑問

瀬川結菜さんが遺体となって発見された札幌女子大生死体遺棄事件。瀬川さんの葬儀は10月13日に終了し、事件の真相については警察の捜査に委ねられた状態になっています。

しかし、この事件にはどうにも腑落ちしないところがある。瀬川結菜さん殺害事件には3つの疑問点があります。

  • 疑問点1 小野勇容疑者と瀬川結菜さんはなぜ出会ったのか
  • 疑問点2 瀬川結菜さんはなぜ自殺したかったのか
  • 疑問点3 小野勇容疑者は瀬川結菜さんの他にも殺害しているのか

多くの人が感じている3つの疑問について、霊視タロットの結果も踏まえて考えていきます。

小野勇の人物像「自己顕示欲の塊」

瀬川結菜さんを殺害した小野勇はどういう人間なのか。一言で言うと「自己顕示欲の塊」がしっくりくるのではないかと思います。

文春の取材に答えた元自衛隊時代の同僚から、こんな小野容疑者のエピソードがあります。

「空想癖がとにかく強い人でした。『仙台の訓練で1番になった』とか、『あそこのお店の店員の娘と付き合っているんだ』とか…数えあえればきりがないですね。

周りから注目されたい。自分をアピールしたい。みんなに自分を見て欲しい。

小野勇容疑者の自己顕示欲の強さは、霊視タロットにもでていました。

小野勇容疑者の人物像をタロットでみたとき、出たカードは「力のカード」。ティアラ先生はこんな説明をしています。

自己顕示欲が強い。人の真ん中にいたい。常にスポットライトを浴びていたい。仕事もでき、頭もよいが態度が傲慢。

小野勇容疑者の自衛隊時代の同僚が感じた人物像とタロットで出た人物像は共に「自己顕示欲の塊」でした。

また、小野勇容疑者は1969年12月16日生まれのいて座。いて座のカードは「戦車のカード」このカードの意味することは「諸突猛進」なんだそうです。

小野勇容疑者は「自己顕示欲の塊」で「諸突猛進」

小野勇容疑者の人物像をまとめたところで、札幌女子大生死体遺棄事件への3つの疑問について考えていきます。

疑問点① 小野勇容疑者と瀬川結菜さんはなぜ出会ったのか

小野勇容疑者と瀬川結菜さんはなぜ出会ったのか。霊視タロットの結果は、「お互いの利益がマッチした」とでています。

タロットでてたのは、「スリーオブカップの正位置」ティアラ先生は、小野勇と瀬川結奈さんの出会いについて、盛り上がった会話をしたと読み取っています。

SNSで繋がった時、話をよく聞いてくれたんでしょう。死にたい人の気持ちはよくわかるよ。のような話をしたんでしょう。

文春の取材に、小野容疑者と会ったことがあるA子のコメントが掲載されていましたよね。

「いっささん(小野勇のTwitterネーム)は何でも話を聞いてくれるし、居場所をくれた。」
「死にたいといっても、そうだよねと引かずに受け入れてくれました。」

死に対して理解を示し、寄り添う小野容疑者に対して、A子さんと同様に瀬川結菜さんは心を許したのではないのでしょうか。

疑問点② 瀬川結菜さんはなぜ自殺したかったのか

瀬川結菜さんはなぜ自殺したかったのか。この疑問について考える時、知りたいのが瀬川結菜さんの「心の行方」です。

瀬川さんが何を考え、心はどう変化したのか。

タロットが瀬川結菜さんの心の行方について答えを出しています。

瀬川結菜さんの事件当日の心「死に対する迷い」

事件当日、小野容疑者と瀬川結菜さんの間にはちょっとした揉め事があったとタロットにはでています。

タロットにでたのは、「ザ・エンプレス(女帝)の逆位置」

小野容疑者と結菜さんは話は盛り上がったものの、結奈さんの心変わりがあったようです。

「こんな汚い家はヤダ」「やっぱりやめた」

結菜さんがわがままを言ったと読んでいるティアラ先生ですが、結菜さんの死に対する迷いがあったものと思われます。

小野勇の瀬川結菜さんに対する思い「とにかく殺したい」

話がついているはずなのに、突然の気変わりを見せる瀬川さんに対して、小野勇容疑者はどのように思っていたのか。でたカードは「エースオブソードの逆位置」

ナイフが描かれている、見るからに恐ろしいカードですが、このタロットの意味するところは見た通りです。

これは、彼が持っているサバイバルナイフ。殺す気満々。

瀬川結菜さんの死因は首を絞められたことによる窒息死でしたが、小野勇容疑者は瀬川結菜さんを殺害するつもりでいたことは間違いないでしょう。

恐らく刃物で脅したとよむティアラ先生。気変わりした結菜さんを逃げ出さないようにしたのではないかとも考えることができます。

瀬川結菜さんの小野勇に対する思い「こんなところに来るんじゃなかった」

瀬川結菜さんは、死を前にして小野勇容疑者に対してどんなことを思っていたのか。

それは、「恐怖」と「迷い」だったとタロットは示しています。

瀬川結菜さんの小野勇に対する思いにタロットが示したのは、「ソードの9 正位置」

「まさか、こんな狂暴な人だとは思わなかった。」

ナイフを振りかざす小野容疑者に、瀬川さんは部屋の隅に追いやられたとティアラ先生はみています。

「こんなところに来るんじゃなかった」結菜さんは後悔していたのだと思います。

瀬川結菜さんはなぜ自殺したかったのか

瀬川結菜さんがなぜ自殺したかったのか。これは、札幌女子大生死体遺棄事件について考えるとき、必ずぶちあたる大きな疑問です

この疑問に対して、タロットは瀬川さんには環境の変化があったと答えています。

このカードは、「エイトオブワンズ 正位置」ティアラ先生は本来は良いカードだと説明しています。

彼女には逆らうことができない環境や状況の変化があった。

次のカードでは、瀬川結奈さんの本心があらわれます。

瀬川結菜さんは自殺したいという気持ちを聞いてもらいたかっただけだった

環境の変化についていけなかったのか、結菜さんの心には小野容疑者に対する期待があったとタロットにはでていました。

「運命の輪の正位置」運命的な出会いを示すカードですが、ティアラ先生はこのように読み解いています。

小野容疑者に自分の気持ちを話すことで、救われるのではないか。話を聞いてもらって楽になりたかった。

話をきいてもらい、救われたかった瀬川さんに対して、とにかく殺したいと思っていた小野容疑者。

彼女は心の救いを求めて小野容疑者に会ったのかもしれません。

瀬川結菜さんも小野勇容疑者に依頼金を用意していた

小野容疑者が依頼者から5万円をうけとり、犯行に及んでいたことをA子さんが話していました。では、瀬川結菜さんも同様に小野容疑者に依頼金を渡していたのか。

タロットはYESと示しています。

このカードは「金貨の9の正位置」です。知識や知恵を活用して、経済的安定や物質的な豊かさを手に入れることを意味しています。

金貨の9がでたことについて、ティアラ先生は依頼金の受け渡しがあったと読んでいます。

お金ですね。お金を持ってきたんでしょうね。

小野勇容疑者はお金に執着していた。その結果、心変わりした瀬川結菜さんを解放すると、依頼金も手に入らなくなる。だから殺害した。

意気投合していたはずの二人が揉め事になり、殺害した。タロットはそう示しています。

疑問点③ 小野勇容疑者は瀬川結菜さんの他にも殺害しているのか

Twitterで「3人目」とつぶやいていた小野勇容疑者。カードが示したのは瀬川結菜さん以外にも殺害しているという結果でした。

小野勇と瀬川結菜さんの間にあるもの「かりそめの勝利」

小野勇と瀬川結菜さんの間にあるものでタロットが示したのは「シックスオブワンズの逆位置」

このカードは「かりそめの勝利」であるとティアラ先生は説明しています。

「3人も葬り去ることができた。しかし、犯行はすぐにばれてしまい、警察に逮捕された。」

小野勇容疑者が過去にも自殺ほう助をしていた可能性は十分に考えられます。

小野勇の状況「将来に対して何も考えていない無責任男」

瀬川結菜さんを殺害し、かりそめの勝利を手にした小野勇。彼の状況についてタロットが示したのは「愚者の正位置」

将来、未来について何も考えていない。今さえ楽しければいい。

小野勇の状況に対して、「将来に対して何も考えていない無責任男」と説明したティアラ先生ですが、全く言うとおりだと思います。

カードが示した最終結果「去来していた葛藤が向かわせた先は」

心に葛藤を抱えて小野容疑者のもとへ向かった瀬川結菜さん。最後にカードが示したのは、「ワンドのページの正位置」です。

このカードは、子供のような純粋さや、素直に相手に近づきたい。もっと話したいという意味を持つカードですが、ティアラ先生は「未熟」という言葉を使っています。

小野勇容疑者はすごく子供っぽい人物。自分の欲望の赴くままに行動する。後先考えない。そして、自分は良いことをやったと思っている。

そして、小野容疑者のもとへ向かった瀬川結菜さんが、なぜ自殺したかったのかを最後にこのようによんでいます。

瀬川結菜さんは、就職先に不満があった。あるいは、就職が嫌だった。
作業療法士という仕事に就くことに不安があった。本当にやりたい仕事ではないのに、家族の勧めで向かった進路だった。

瀬川結菜さんはお父さんと喧嘩をして家を出た。去来していた葛藤が向かわせた先は小野容疑者だった…


小野勇容疑者は、瀬川結菜さんから「遺体の処理を頼まれた」という供述をしていますが、本当に瀬川結奈さんが望んだことだったのか。自殺ほう助に同意したのかは警察の捜査が続いています。


瀬川結菜さん防犯カメラ画像「映像からつながった点と線」


小野勇の殺害手口をリークしたA子の正体「心優しき死神の真意」


小野勇瀬川結菜監禁に浮かぶ4つの疑問「お姉ちゃん、死にたかったんでしょ?」結奈妹の意味深ツイートの真意


小野勇殺人請負人「心優しき死神でありたい」札幌東区22歳女子大学生死体遺棄事件


瀬川結菜さん妹の訴え「マスゴミの被害者」札幌市東区女子学生殺人事件


小野勇の自宅犯行現場「ナチュラル美人な学生との関係性」瀬川結菜さん殺害事件

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
瀬川由奈さん殺害事件
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました