義男の空の口コミは?誕生の理由・モデル高橋義男医師のプロフィールも

メディア

義男の空という漫画をご存知ですか?

義男の空は、北海道内在住の小児脳神経外科医、高橋義男医師をモデルに描いたドキュメンタリー漫画です。

義男の空には、高橋義男医師の生い立ちについてや高橋医師が実際に治療した頭蓋内に髄液が過剰にたまる「水頭症」、脳の一部が欠損している「裂脳症」など重い脳疾患の子どもやその家族との実話を基に描かれています。

もとけん
もとけん

ネタバレとなるので話せませんが、涙腺がヤバくなる漫画です。

この記事は、読んだらわかる涙腺にくる漫画義男の空のモデルとなっている高橋義男医師のプロフィール義男の空が生まれた理由について、義男の空を読んだ人の口コミを紹介します。

この記事でわかること

1. 義男の空のモデル高橋義男医師のプロフィール

2. 義男の空が生まれた理由

3. 義男の空を読んだ人の口コミ

義男の空のモデル高橋義男医師のプロフィール

高橋義男医師のプロフィール

・1949年 北海道生まれ

・札幌医科大学卒業

・中村記念病院、札医大、北海道立小児総合保健センター勤務などを経て2005年、とまこまい脳神経外科、岩見沢脳神経外科、大川原脳神経外科病院、別海町立病院小児脳神経外科部長就任。

・元旭山動物園園長の小菅正夫氏と同級生

高橋義男医師は、小児脳外科界の赤ひげ魔術師と呼ばれ、全国各地からわらにもすがる思いのたくさんの患者さんが診察に訪れ、手術件数が10000件を超えるスーパードクターです。

高橋医師の信条は、「不可能を可能にする。ナポレオンの言葉を借りれば不可能という文字はない。「なめんなよ!」「俺達が受け入れてないだけ。」「子供達は努力している。たくさんの可能性がある。」 義男の空は高橋先生と患者、その家族の愛の物語です。

義男の空が生まれた理由

義男の空を出版しているのは、札幌市の㈲エア―ダイブというWEB制作、アプリ開発、イラスト、漫画広告などを手掛けるクリエイティブ制作会社です。

では、なぜWEB製作会社のエア―ダイブが漫画「義男の空」を出版したのでしょうか?

答えはエア―ダイブ田中宏明社長と高橋義男先生の出会いにあります。

 構想のきっかけは、エアーダイブ社長の田中宏明さんの次男が出生間もないころに難病と診断され、高橋さんによって救命されたこと。過去に漫画新人賞一般部門で準大賞を受賞した経験がある田中さんは、高橋さんへの感謝の意味を込め、漫画化を決意したという。構想から発刊までに約1年を費やし、ドキュメンタリー漫画プロダクションを設立。自社で一貫して、取材、制作、出版、販売を手掛けた。ストーリーは全て同社の書き下ろし。初巻発行後、約1年に1巻のペースで出版を継続してきた。

https://sapporo.keizai.biz/headline/3194/ より引用。

田中社長は、出版コードを自費で取得することから始め、製作費や人件費も全て自費でまかない、「義男の空」を守るために漫画広告やホームページ制作などの事業を立ち上げて会社を継続してきたといいます。

「義男の空」が生まれた理由は、エア―ダイブ田中社長と高橋義男先生の出会いにあり、田中社長の高橋医師への感謝と熱い想いが「義男の空」を全国に送り出したのです。

義男の空を読んだ人の口コミ

義男の空に関するツイートです。

読書メーターで義男の空の口コミを調べてみました。

自分のいる北海道の医師の本なので、親近感を持って読んだ。人の命を助ける医者は純粋にすごいと思う。

実在の医師の話。電車の中で読み始めたのだが、涙腺がヤバくなってきて読み続けられず、カバンにしまいこんで帰宅後に読んだ。北海道にこんな医師がいたなんて全く知らなかった。早く続きを読みたい。

小学生の頃「はだしのゲン」を読んだ時の衝撃と共に「ブッダ」を読んだ時と似た感動!未来に残したい本です。

何気に手に取ったら、涙腺から心の何かから、いろんなものが持ってかれて、えぐられて、でも、気持ちいい何かが残った。巻末にインタビュー記事がのってるんだけど、義男先生がかっこいいんだっけー。あと作者の意気込みというか、設定書類の綿密さがすごい。気合入ってて、この一冊にかける意気込みが伝わってくる。

小学生の頃「はだしのゲン」を読んだ時の衝撃と共に「ブッダ」を読んだ時と似た感動!未来に残したい本です。

すごい漫画を読んでしまった…続きが早く読みたいです。

https://bookmeter.com/books/235258 より引用。

僕のツイートにもありますが、ほんとに涙腺にくる漫画です。

義男の空はこんな人が読むべきです

・命の尊さ、生きている意味を考えていない人。

・健康でいることを当たり前に感じている人。

まとめ:義男の空は現代の大人たちが読むべき漫画

義男の空は、難病と闘う子供、家族、高橋義男医師の物語です。

この話しが漫画として出版されたのは、エア―ダイブ田中社長と高橋医師との出会いがきっかけで、全国向けて紹介したいという田中社長の想いが詰まっています。

義男の空は口コミにあるように、本当に涙腺にくる漫画で、命の尊さや生きる意味について考えていない人、健康でいることを当たり前に感じている人が読むべき漫画です。

義男の空がもっと世に広がるよう記事を書きました。是非購入して読んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました