彼は生死の境をさまよう彼女を4カ月間支え続けた。喜びいっぱいの退院日に最悪のシナリオが彼を待っていた…

メディア

足を切断するかもしれない、人工肛門になるかもしれない…

生死の境をさまよう重症の彼女を毎日病院へ向かい、4カ月間支え続けたある男性。

待ちに待った彼女の退院の日に、誰も予想しない最悪のシナリオが彼を待っていました…

彼女の退院日に彼を待っていた最悪のシナリオ

2月27日に彼女の退院を喜びいっぱいでツイートしたShoyaさん。

彼女とともに闘った4カ月間。生きる命に感謝という意味で「生に感謝」という言葉で締めくくられたツイートからは、怪我の大きさや精神的な辛さ、生きる喜びを感じます。

ところが、約20日後の3月16日のツイートでは、彼女と彼女を担当していた理学療法士が浮気していたことが報告されています。

事故で心まで傷ついていたSyoyaさん。大好きな彼女が浮気していたという事実にさらに心を傷つけてしまいます。

彼女のことが大好きすぎて、半月話し合い待ち続けたSyoyaさん。

その間も彼女はSyoyaさんに嘘をつき続け、騙し続けていた。そして、結局戻ってこなかった。

4カ月の間、怪我と闘っていたのは彼女だけではありません。

どうして彼女は嘘をつき続けていたのでしょうか。

彼女の退院日に彼を待っていた最悪のシナリオへのみんなの反応

彼を励ます声が圧倒的に多いですね。私も同じ気持ちです。

「あなたは自分を愛してくれない人を失ったにすぎない。しかし、相手は自分を愛してくれる人を失ったんだ。」

とても心に刺さる名言です。

どうか、自分を責めないで欲しい。いつかいい人に巡り合えることを祈ります。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:Twitterはちま起稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました