【注意喚起】「わこつ」は20代には通じない!?フェイスブック世代が注意すべき死語3選

メディア

フェイスブックを使っている年齢層をご存知ですか? フェイスブックは、30代~50代の方の利用が多いそうです。

私もこの年齢層に入り、「おじさん」と呼ばれる世代なのですが、私が知っている言葉で、既に死語と化している言葉があります。

この記事は、私のような「おじさん」世代、フェイスブック世代が注意すべき死後3選についてお話しします。懐かしいものもでてきますよ。

フェイスブック世代が注意すべき死語:わこつ

フェイスブック世代が注意したい死語のひとつめが「わこつ」

一時期流行した「ニコニコ生放送」(今ももちろんありますが…)で、最初に流れるコメントでした。

わこつとは、

わこつとは、「取りお疲れ様」の略である。ニコニコ生放送内で使われる。

については ⇒生放送枠を参照のこと 

かつて、ユーザ生放送数が非常に少なく、放送するために取りボタンを1時間連打し、やっとが取れるという状態だった。取りツールなるソフトも存在し、熾枠取り戦争が行われていたのだ。

そのため、を取ることに成功し放送が始まると、生主の苦労を労うコメント投稿されることも多かった。

それが、変化していき、

取り作業お疲れ様』→取りお疲れ様→→わくおつ→わこつ

現在の形になったのである。

ニコニコ大百科より引用。

現在は枠取り合戦をする必要はなくなったので、ニコ生主への枠取りの労をねぎらう言葉というよりは、単純に挨拶で使われているようですよ。

フェイスブック世代が注意すべき死語:初見さんいらっしゃい

初見(しょけん)と読み、初めて見ることを言います。

同じくニコ生で、「初見」と打込むと、「初見さんいらっしゃい」とニコ生主が答える。挨拶の定型文のようなものですが、今はあまり初見とは言わないですね。

ツイキャスでは初見を使っているのでしょうか。

フェイスブック世代が注意すべき死語:コテハン

コテハンとは、固定ハンドルネームのことを言います。

ニコ生内でのニックネームのことです。アットマーク『@』のあとに名前を付けることで、放送主が使っているコメントビュワーに登録され、その名前で覚えてもらえます。

Twitterでいえば、ユーザー名にあたりますよね。

フェイスブック世代が注意すべき死後3選を紹介しました。

フェイスブック世代というよりは、ニコ生世代が正しかったかもしれませんね。

この記事を読んで、「おぉーっ、懐かしい!」と思ってくださるとうれしいです。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました