【世紀末】笑顔で繰り広げられる略奪、放火。コロナ禍で4000万人が職を失った国の民衆の悲しき末路がこちら…

気になるニュース

米中西部ミネソタ州ミネアポリス市で、警官が黒人男性ジョージ・フロイドさんの首を圧迫して死亡させた事件がきっかけで起こったアメリカの暴動。

コロナ禍のなかで起こった暴動の行先が略奪、放火へと向かっています。

笑顔で繰り広げられる略奪、放火

シカゴのNIKEのショップが略奪される様子です。

黒人女性が、笑顔で店内から商品を略奪しています。

こちらは、ワシントンのアップルストアが襲撃される様子です。

この他、警察署が襲撃、放火される事案も発生しています。

みんなの反応

ミネソタ黒人暴行死 全米各地で抗議デモ ロスでは夜間外出禁止令

強盗もみんなでやれば無料バーゲンセールに早変わりだな。

結局、こういう行為を繰り返すならなんも変わらんな

差別どうのこうのじゃなくて、それを口実に略奪してるようにしか悪いが見えない。デモとかばかり流さずに、きちんとこういうのも報道すべきだと思う。

これがアメリカ人か。なんか色々失敗してんじゃないの、教育とか

すげー嬉しそう。いやほんと嬉しいよね。ただで欲しかったものが手に入るんだもん。その気持ちはわかるよ。

笑顔で略奪してる人がいるのがなんとも複雑な感じ・・・

彼等の当初の目的とは…

差別に対する抗議を暴力的な物として略奪とは…常軌を逸してる

ただの火事場泥棒

これで偏見の目で見るなと言われても…

はちま起稿より引用。

笑顔で略奪する黒人女性ですが、デモのきっかけは黒人への人種差別だったのではないでしょうか。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:はちま起稿、twitter

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるニュース
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました