「凍ったままの七面鳥を油に入れないでください」注意を守らなかった男の悲惨な末路をご覧ください…

メディア

凍ったままの食材を熱い油に入れてはいけない。ちょっと考えればわかりそうなものですが、凍ったままの七面鳥を熱い油の中に入れてしまった男がいます。

この記事では、凍ったままの七面鳥を熱い油の中に入れてしまった男の動画を紹介します。

凍った七面鳥を熱い油の中へ入れてしまった男の動画

感謝祭が近づくとアメリカ中で起きるという七面鳥事故。2018年のデータによると1年の間にこれが原因で210件の火災が発生し34人が怪我をしたんだそうです。そんな大失敗をしでかしてしまった男性の姿がyoutubeに投稿されています。

まずは動画をご覧ください。これ、絶対に大やけどしてますよね。

Deep fried turkey gone wrong – 1087848

凍ったままの七面鳥を用意する男。

何を思ったか、男は七面鳥を煮えたぎる油の中へ。

当然ですが、油が跳ね上がり男は灼熱の油まみれに。

これ、絶対火傷してますよね。

凍った食材を熱い油に入れたらダメな理由

凍った食材を熱い油へ入れるとどうなってしまうのか。生活協同組合ユーコープにこんな質問と回答がありました。

冷凍品を油の中へ入れた途端、油が天井近くまではね上がり、やけどをしました。油の温度は180度以上にならないようガスレンジを設定して調理しています。今までこのようなことはありませんでした。不良品では?

ご利用の商品で恐い思いをさせてしまい申し訳ございません。現物で確認することができませんが、同じ品でほかに同様のお申し出がないことから商品不良によるものとは考えられません。油の飛びはねが起こる現象は、冷凍食品に氷(霜)が付着したまま油で揚げると、氷が急速に気化(水蒸気爆発)し、熱い油が飛び散って起こります。水分の多い食品も同じです。家庭用冷凍庫はドアの開け閉めにより、庫内温度の変化が激しく、食品に霜がつきやすいので注意が必要です。

生活協同組合ユーコープより引用。

油の飛びはねが起こる現象は、冷凍食品に氷(霜)が付着したまま油で揚げると、氷が急速に気化(水蒸気爆発)し、熱い油が飛び散って起こるとあります。つまり、熱い油の中に凍った食材を入れてはダメということですね。

凍ったままの七面鳥を油に入れた男もそうですが、火災をまねく可能性もあるし、私たちも十分気を付けなければいけませんね。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました