治験って途中でやめることができるの?やめてもいいか調べてみた結果がこちら

ライフスタイル

治験って聞いたことがありますか?

治験とは、「新しい薬の製造や販売の許可を得るために実施される治療を兼ねた試験」のことをいいます。

メリットとしては、治療を行いながら報酬を受け取れるところ。地検に参加される方へ「負担軽減費」として支払われるもので、お金がもらえることから「治験バイト」と呼ばれています。

では、治験って始めたら最後まで続けなければいけないのでしょうか?途中でやめることはできるのでしょうか?

この記事では、治験を途中でやめてもいいか調べた結果をお話しします。

治験は途中でやめることができます

自分で病院を選択して、自分の都合で通院する場合、通院をやめるのも病院を変えるのも自由ですね。ところが治験となるとそうはいかない場合が多いです。

なぜなら、治験は病院のスケジュールで進むから。通院の日を決められたり、食事を制限されたり、あるいは入院して治療したり…

こんなに制約を受けるならもうやめたいよ…

でも大丈夫です。治験は途中でやめることができます!

更に、治験の参加前には治験に関する十分な説明(インフォームド・コンセント)を受けられますので、説明を聞いて十分納得した上で参加することができます。その際に渡される説明文書には、治験薬のこれまでに見られた副作用や、予想される副作用についての説明事項などもあります。

また、治験への参加は自由意志ですので、治験参加の同意前はもちろん同意後でも、いつでも参加を取りやめることができます。

ぺいるーと 治験とはー治験のメリット・デメリットより引用。

治験への参加はあくまでも患者さんの自由意思ですので、いつでもやめることができます。 仮に途中で参加をやめても通常の治療を継続して受けられますのでご安心ください。疑問に思うことは担当医師や臨床研究コーディネーター(CRC)にご相談ください。

いばらぎ治験ネットワークより引用。

いったん臨床試験・治験に参加することを決めた後でも、途中で参加継続に不都合があれば患者本人の意思で参加を取りやめることができます。また、途中で被験者が体調を崩したり、生活に変化が生じたり、試験の計画全体が変更を余儀なくされて、試験参加を中止せざるを得なくなることもあります。

認定NPO法人 健康と病いの語り ディペックス・ジャパン より引用。

治験募集サイトを調べてみた結果、どのサイトも「治験は途中でやめることができる」と書かれています。

まとめ:治験は担当の先生とお話ししながら進めよう

治験に参加したけど、途中でやめられるのか。答えは治験は途中でやめることができるです。

とはいえ、せっかく治験募集に登録をして参加するわけですから、担当の先生と十分にお話しをしたうえで治療を進めた方が良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました