障害者を乗車拒否するタクシーが減らない本当の理由を知ったとき、あなたは血がにじむほど拳を握りしめる…

メディア

2018年9月12日のタクシーニュースさん(@Taxi_News_)さんのツイートです。

障害者も利用しやすいタクシーなどで、電動車いすの乗車拒否をしていることがツイートされていますが、障害者の乗車拒否が減らないことが問題になっています。

この記事では、障害者を乗車拒否するタクシーが減らない本当の理由についてお話しします。

障害者を乗車拒否するタクシーが減らない本当の理由

垣内俊哉さん(@ToshiyaKakiuchi)さんのツイートに乗車拒否が無くならない本当の理由が書かれています。

タクシーの障害者乗車拒否がなくならない本当の理由
  • 障害者手帳を持っている方のタクシー乗車料金は1割引
  • 1割引した分は、運転手持ちの会社がある

さらにツイートは続きます。「他に鉄道、飛行機、フェリー、バスも障害者割引分の負担は、国や自治体ではなく企業側です。」

これは私も知らなかったのですが、割り引いた料金は企業持ちだったのですね。

そうすると、障害者手帳をお持ちの方は、単価の低いお客にならざるを得ないというツイート内容も理解できます。

法では乗務員負担をなくすと明記されている

改正タクシー法の付帯決議に、「乗務員負担をなくす」と明記されたそうです。

乗務員も負担しない、会社も負担しない。では、割り引いた1割は誰が負担するのでしょうか。

障害者を乗車拒否するタクシーが減らない本当の理由へのみんなの声

やはり多くの方が障害者割引を誰が負担するかということや、乗務員が負担している会社があることを知らないようですね。

この割り引いた分を会社負担とすると、割引行為となり、税務署的にはアウトというツイートもあります。

しかし、各省庁が連携して対応すれば解決できるという声がありました。

障害者割引について異論はありませんが、割り引いた分を乗務員が負担しているなんて胸糞悪すぎですよね。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:Twitter 四葉のclover

コメント

タイトルとURLをコピーしました