玉なし学院おじさんの正体は?出現場所はどこ?|2023箱根駅伝

スポーツ
Pocket

2023年の箱根駅伝復路にて、突如不審なプラカードを持った1人の中年男性が画面に映りこみました。

手に持つプラカードから、ネットで「玉なし学院おじさん」と名付けられ、Twitterでトレンド入りするなど話題となっていますが、玉なし学院おじさんとはいったい誰なのでしょうか?

玉なし学院おじさんの正体は?

玉なし学院おじさんが誰であるかはわかっていません。


ネットでは、「玉を取ってしまったからか?」「復路(袋)に現れたやばいおじさん」などと噂されていますが、正体については不明です。


箱根駅伝に突如映りこんだシュールな画像がこちらになります。

テレビカメラを見つめて、「玉なし学院」のプラカードを持ち、一人立ち尽くす姿、シュールですよね。

玉なし学院おじさんの出現場所

玉なし学院おじさんが出現したのは、箱根駅伝復路6区です。

では、玉なし学院おじさんの出現場所を、グーグルマップとストリートビューで確認します。

玉なし学院おじさんが出現したのは、復路6区の4.46km地点です。曽我兄弟の墓バス停付近になります。

中継の画像と比較すると、右側に土留め、左側にバス停と退避スペースがあり、合致することがわかります。

世間の反応


箱根駅伝復路6区に突然現れた「玉なし学院おじさん」ですが、フリーザ御一行のように、箱根駅伝の名物になるのでしょうか。

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました