「おかあさんだいすき」折り紙も…真夏の車内で母に蒸し殺された娘のメモに涙と怒りがとまらない…

気になるニュース

香川県高松市で女児2人が車内に放置され亡くなった事件で、高松地検は9月24日、竹内麻理亜容疑者を保護責任者遺棄致死罪で起訴しました。

真夏の車内に15時間2人の姉妹を残し、お酒を飲みにでていたという竹内容疑者ですが、県警の捜査が進むにつれ、この事件の新しい事実が判明しました。

この記事は、香川県高松市で女児2人が車内に放置され亡くなった事件の続報と、ネットのコメントなどについてまとめます。

2人の姉妹は母に3夜連続で車内に放置されていた

高松市内で女児2人が乗用車に約15時間放置されて死亡した事件で、香川県警に保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の無職竹内麻理亜まりあ容疑者(26)(高松市)が、事件当日を含め3夜連続で2人を車内に残し、飲酒していたとみられることが、捜査関係者への取材でわかった。県警は放置が常態化していたとみている。

竹内容疑者はこの間、近くの繁華街で2軒の飲食店をはしごし、3軒目で知人男性と合流。明け方まで飲酒後、男性宅で過ごしたことが、これまでの捜査で分かっている。捜査関係者によると、竹内容疑者は1日から2日にかけても繁華街の飲食店を訪れていた。姉妹を車内に放置し、飲酒していたことを認めたという。

竹内容疑者は1日早朝も娘を連れて繁華街近くのコンビニエンスストアを訪れており、県警は3夜続けて子どもを車内に残したまま飲酒していたとみて、裏付け捜査を進めている。

読売新聞オンラインより引用。

竹内容疑者は逮捕後、県警の調べに対して「エンジンをかけ、エアコンをつけたまま車を離れたが、戻ってみると止まっていた」などと供述していましたが、「子どもが眠っているのを確認し、エンジンを切り、窓も閉めた」と供述を変えていました。

車内に長時間置きざりにされた子供が亡くなる事件は後を絶ちませんが、立憲民主党の女性議員が、「子供放置する親よりも、自動で車内の温度を一定以下に保つ技術が必要」というツイートをされていましたよね。

>>【姉妹放置死事件】立憲・女性議員「子供放置する親よりも、自動で車内の温度を一定以下に保つ技術が必要」⇒批判殺到

子供を放置して飲みに出かけるということが常習化していたとみられる竹内容疑者ですが、亡くなった2人の姉妹と両親との関係が報じられていました。

「おかあさんだいすき」折り紙も…母親の帰りを待っていた2人の姉妹

真友理ちゃんと友理恵ちゃんは、シンデレラごっこやアンパンマンがお気に入りで、近所でも評判の人懐こい姉妹だった。

自宅近くの住民や関係者によると、休日は父親が運転する車で、姉妹が好きだったという香川県内の水族館などに家族で外出。父親が経営する会社の従業員と散歩に出かけたり、自宅でバーベキューをしたりする姿も頻繁に目撃されていた。姉妹は従業員に会うと、「お疲れさまです」と駆け寄っていたという。

父親は夕方になると仕事を一度切り上げて姉妹を風呂に入れ、その後、深夜まで残業するのが日課だった。住民らは「休日にはビニールプールで遊んだり花火をしたりして、子どもたちを大事にしていた」と話す一方、竹内容疑者については「ほとんど見かけなかった」と口をそろえる。

来年、小学校に入学予定だった真友理ちゃんのために、8月には机やベッドが買いそろえられていた。自宅からは、真友理ちゃんが「おかあさんだいすき」などと書いた折り紙が見つかっているという。

読売新聞オンラインより引用。

人懐っこく、お母さんが大好きだった真友理ちゃんと友理恵ちゃん。

2人の姉妹を3夜放置した母親の竹内麻理亜容疑者へのネットのコメントをまとめました。

ネットのコメント

冷酷すぎて笑えねぇよ

くっそ泣ける

子供が従順なのをいいことに、親はやりたい放題

常習だったんじゃん
お姉ちゃんは言葉が遅くて車中泊させられてること
言えなかったんじゃなくて口止めされてたのを
守ってたのかもね
せつないわ

普通の子じゃん…
母親がアル中ビッチだったばかりに…

ここまでの取り調べで、3夜連続で2人の姉妹を放置して飲みに出ていたことがわかった竹内容疑者。

長女の真友理ちゃんが、「おかあさんだいすき」と書いた折り紙が見つかったということです。

亡くなった2人の姉妹が、朝、目覚めたら、大好きなお母さんが帰ってきていると信じて、真夏の車内で母の帰りを待っていたことを考えると、本当に心が痛みます。

真友理ちゃんと友理恵ちゃんのご冥福を心から祈ります。


この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:読売新聞オンライン

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるニュース
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました