中国がアメリカ大統領選挙に介入した証拠が公開される。台湾紙のスクープにバイデン氏の当選確実は…

気になるニュース

世界が注目するアメリカ大統領選挙。

バイデン氏の当選確実が報道されていますが、中国がアメリカ大統領選挙に介入していたと台湾紙が報道しました。

台湾紙によるスクープに、バイデン候補の当選確実はどうなってしまうのでしょうか。

中国がアメリカ大統領選挙に介入した証拠を台湾紙がスクープ

中国がアメリカ大統領選挙に介入した証拠を、台湾紙が公開しました。

Google翻訳での翻訳なので、意味が少し不明なところもありますが、台湾紙の翻訳を紹介します。

米国での2020年の大統領選挙では、郵送による投票で多くの論争が起こりました。(関連プレスファイル写真)

【インスタントニュース/総合レポート】米国各地の選挙機関が引き続き票を数えているが、米国メディアの生放送で、中国の「SFエクスプレス」のメールパッケージを箱から取り出して驚きました。同社は、投票用紙が実際に中国から米国に送られたことを確認しました。

米国のメディア「USAトゥデイ」(USAトゥデイ)は4日、選挙機関の投票カウント操作をウェブサイトで放送しました。ジョージア州アトランタの投票カウンターは、投票用紙の山から中国の「SFエクスプレス」(SFエクスプレス)を拾い上げて撮影されました。 EXPRESS)メールパッケージは、上記の情報を確認した後、脇に置いておきます。米国は「SF Express」の郵送投票をサポートしていないため、この画面は世界中のネットユーザーに衝撃を与えました。

米国のメディアは2020年の総投票数を追跡し、ネットユーザーはライブ放送中に何か問題を発見しました。(写真は本日USAから撮影)

よると、中国の「シーナ・ファイナンス」報告書、SFインターナショナルはSF Expressは、米国での郵送投票をサポートしていないことを5日に述べたが、米国の海外領土と米国非連結地域を除き、米国に支店は、受け取りと配達の正常な状態にあります。アメリカの投票カウント機関に出た投票の出所についての部外者からの質問に応えて、同社は映画の投票が実際に中国から米国に送られたことを確認した。

中国のメディアは、中国のアメリカ市民は、国際エクスプレスサービスを提供する会社を選んで投票用紙を送るべきだと指摘しました。中国の米国領事館や大使館も郵送で投票用紙を受け入れます。

米国のメディアは、ジョージア州アトランタのチケットカウンターを撮影し、テラーは中国でSFExpressのメールパッケージを持っていました。(写真は本日USAから撮影)

「ロイター」はかつて、選挙機関が米国郵便局の消印に基づいているため、速達会社が投票用紙を送るサービスを提供できないと報告しました。速達会社の使用は無効と見なされる場合があります。有権者は各州の選挙を読むことをお勧めします。しかし、多くの人々は依然としてリスクを冒し、速達を使用して投票を配達します。たとえば、有名なアメリカの歌手Lady GaGaは、速達を使用して自分の写真をTwitterで公開しました。

バイデン候補の勝利宣言にトランプ候補は

バイデン氏の当選確実が報道され、日本時間の11月8日、午前中に勝利宣言がされます。

アメリカ大統領選挙では、勝利宣言よりも敗れた候補による敗北宣言がされるのが通例ですが、トランプ氏からの敗北宣言はまだありません。

台湾紙が報じたアメリカ大統領選挙への中国介入について、ネットのコメントを調べてみました。

ネットのコメント

・アメリカの民主主義が死んだ瞬間…

・まあそういう事なんでしょう、バイデンの票が↑一気に増えたり最初からバイデンが勝つようになってたんでしょ もうアメリカの民主主義もお終いだね!

・アメリカのメディアも、この不正を知っていた。中国/民主党/メディアがツルンでいた。確かに、トランプは最初から、この三者と闘っていたわ。

・中国住んでたからわかるけどSFエクスプレスは日本で言う佐川急便ヤマト宅急便の一番大手の配送業者。もちろん国際発送もできるからソースはマジだな



これが事実かどうかということについては、定かではありません。

しかし、アメリカ大統領選挙について、郵便投票について多くの論争がありましたよね。

当選確実がでるまで4日間かかったアメリカ大統領選挙。

敗北宣言をしていないトランプ氏の今後の行動が気になります。



この記事がよかったらシェアしてくださいね。

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるニュース
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました