人間に憎悪の目を向け拒絶していた保護犬との2週間。最後のシーンに胸が熱くなる…

気になるツイート

倉敷市保健所ボランティアTeamKARがtwitterに投稿した動画が話題になっています。

人間に憎悪し拒絶していた保護犬との2週間

倉敷市保健所から、とある家庭に引き取られた野犬のふうかちゃん。

最初は、人間を軽蔑するような目で、散歩などを拒絶していましたが、2週間で野犬から家庭犬へと変わっていく様子が撮影されています。

ネットのコメント

最後の家中を走り回るシーンは大爆笑していましたよね。

最後の安心しきった顔で眠るふうかちゃんをみていると、涙がでてきます。

飼えなくなったからといって、動物を捨ててしまう方がいますが、少なくなることを望みます。


この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:twitter、9ポスト

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるツイート
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました