【胸糞】人込みに紛れて女性の背後にぴったりと…なにこれ、この男の行動拡散すべきだろ

メディア

女性のみなさん、痴漢と言えばどこで被害にあうのが一番多いと思いますか。

大体の方は「電車のなか」と答えると思いますが、痴漢にあうのは電車のなかだけとは限りません。

というのは、東横線横浜駅で、女性の背後に忍び寄り、髪のニオイを嗅ぐという事案が発生しました。

この記事では、Twitterに投稿された女性の背後に忍び寄り、髪のニオイを嗅ぐ男性の動画とみんなの反応を紹介し、ニオイを嗅ぐ痴漢は罪とならないのかを考えます。

人込みに紛れて女性の背後に忍び寄る男性「触らない痴漢」

痴漢といえば、体に触れることを想像しますが、茄子の花さん(@kiss_a_mikan)さんの投稿によると、女性の体に触れるのではなく、ニオイを嗅ぐ痴漢がいて、触られているわけではないから騒げなくて困るということもあるそうです。

そんな痴漢なんているのか。と男性なら思いがちですが、ニオイを嗅ぐ痴漢の動画が、ぐーるさん(@X4SxM97zTfdTGzh)が投稿されています。

触らない痴漢は罪にならないのか

法律では、具体的に何をすれば痴漢、といったことは明記されていません。では、触らない痴漢は罪にならないのかを調べてみました。

甲南大学法科大学院教授(2018.04)で弁護士の園田寿氏が、触らない痴漢について自治体の定める迷惑防止条例に当たりうると発言されています。

「特定の女性の後を執拗(しつよう)につけ回し、犬のように匂いを嗅ぐような行動は、各自治体の定める迷惑防止条例に違反した『卑わいな言動』に当たりうる」

zakzakより引用

また、ニオイを嗅ぐ痴漢にあい、訴えるにはどうしたらよいかということについて、銀座さいとう法律事務所 齋藤健博弁護士がこう話されています。

「ただちに被害届を出す。そのために、駅員などに救助を求め、相手方の身分証明書などの個人情報を取得することに努めましょう。そうでないと、請求できるものが事実上困難に至ったり、最悪泣き寝入りの可能性もあるでしょう。」

シェアしたくなる法律相談所より引用。

ニオイを嗅ぐ痴漢は、物的な証拠が残りにくいため、その時の状況などについての周囲の証言が重要となるようです。

ニオイを嗅ぐ触らない痴漢へのみんなの反応

こんなことで痴漢扱いされるなら女性の後ろは歩けないと思う男性もいるかもしれません。しかし、動画を見て思うことは、なぜこんなことをするのか理解に苦しむということ。

そんなに良い香りを嗅ぎたいのなら、洗剤や芳香剤のニオイでも嗅いでいればいいのにと思ってしまいます。

とはいえ、痴漢冤罪もあることは確かです。疑われるような不信な行動はとるべきではありませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました