副業と税金「いくらから申告?」知っておくべき税金の都市伝説

メディア

働き方改革や終身雇用制度の崩壊、老後2000万円問題など、仕事や収入に関するニュースが流れた2019年。副業を始めた、あるいは始めたいと考えているサラリーマンの方も多いのではないかと思います。

会社に勤めているのであれば、収入に関する税金申告はする必要はありません。しかし、副業となると自分で申告する必要があります。

副業収入が年間20万円以下だから申告しなくてもいい。」実はこれ、都市伝説です。

この記事では、副業と税金申告についてお話しします。

副業収入が年間20万円以下なら申告しなくてもいいは都市伝説

副業収入が20万円以下の場合は、税金申告しなくてもいい。これは、半分正解で半分不正解です。

では、申告する税と申告しなくても良い税とはなんなのでしょうか。ライブドアニュースで大河内 薫税理士がとてもわかりやすい説明をされていたので、引用しながら説明します。

所得税は申告の必要なし

副業収入が年間20万円以下の場合は所得税について申告の必要がない。これは、副業をされている方ならご存知でしょう。

副業と所得税についての大河内税理士のお話し。

会社員の場合は、所属している会社が勝手に作業をしてくれるので、特別な手続きは必要ありません。

しかし、会社以外からの収入がある人は、原則として確定申告をしなければなりません。

正確にいうと、所得税の確定申告はしなくても大丈夫。これは税務署と納税者双方にかかる無駄なコストを省くために、きちんと決められたルールです。

ただそれは所得税の確定申告に限った話。実は別途、「住民税の確定申告」が必要なんです。

ライブドアニュースより引用。

住民税は申告の必要がある

副業収入20万円以下は税金申告しなくてもいい。この情報が都市伝説だというのは、住民税についてはそうではないからです。

まず、住民税には“20万円ルール”のような免除制度はありません。極論、副業での稼ぎが1円でもあれば、きちんと申告して支払う必要があります

ただ、所得税の確定申告をしていれば、その情報をもとに地方自治体が住民税額を計算するので、わざわざ申告する必要はありません。

ライブドアニュースより引用。

大河内税理士によると、所得税の確定申告をしていれば、住民税の申告はしなくても良いとのこと。住民税の申告が必要なことを知らずにそのままにしていると、脱税にあたるので注意が必要です。

副業所得が20万円以下でも確定申告が必要な場合がある

副業所得が20万円以下でも確定申告が必要な場合があります。

副業をしていないサラリーマンでも、マイホームをローンで買った場合に所得税が減税される「住宅ローン控除」などを受けたい場合は自分で確定申告をすることになります。

その場合、副業を隠して申告するのはNG。たとえ1円であっても、副業の所得を書かないと脱税になってしまいます。

ライブドアニュースより引用。

確定申告すると会社に副業がばれるのは本当なのか

「会社に副業がばれるから確定申告したくない…。」会社にばれたくない。そもそも会社が副業を禁止している。大河内税理士は、確定申告すると会社に副業がばれるというのも都市伝説だといいます。

確定申告書に、「住民税の納付書を“会社の分”と“副業の分”で分けて発行する」という欄があるので、そこにチェックを入れておきましょう。

これで理論上は副業の分の住民税が分けられたことになりますが…役所で見落とされ、うっかり会社に通知されてしまうこともあります。

確実なのは、確定申告書にチェックを入れたうえで、住んでいる地方自治体に電話して「絶対に分けて発行してください!」とお願いすることです。

ライブドアニュースより引用。

公務員を除いて、副業な会社の就業規則では禁止にしていても、法律には違反していません。「会社にばれたらまずい。」と考えるよりは、覚悟を決めて申告したほうが良いですね。

大河内薫税理士

【大河内 薫(おおこうち・かおる)】税理士・株式会社ArtBiz/ArtBiz税理士事務所CEO。Twitterのフォロワー数は3万2千人を超えており、税理士としては日本一(2019年12月末時点)。YouTubeチャンネル「大河内薫の税金チャンネル」はチャンネル登録者数7万人を突破。著書『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! 』(サンクチュアリ出版)は、6万部を超えるベストセラーに

ライブドアニュースより引用。

副業収入20万円ルールについてお話ししました。

所得税については申告する必要がないけど住民税について申告する必要がある。また、自治体に分けてくださいとお願いすることで、副業が会社にばれないということもわかりました。

この記事では触れていませんが、大河内税理士が確定申告の具体的なやり方についてライブドアニュースで語っています。申告方法について参考にされてはいかがでしょうか。

ライブドアニュース 副業の確定申告をしないとどうなる? 税理士に聞いた “20万円ルール”の落とし穴

コメント

タイトルとURLをコピーしました