【鬼畜】「未成年のうちにレ◯プをいっぱいして20歳になったらやめようと思っていた」元大学生に実刑判決。少年法の見直しについて考えるべきではないのか…

気になるニュース

なかなか減らない未成年の犯罪。

またしても少年法の見直しが必要だと感じる判例がでてしまいました。

「未成年のうちなら」と4人に性的暴行した元大学生に実刑判決

・4人の女子高校生への強制性交や強制性交未遂の罪に問われた長浜市の元大学生の男(20)に対する判決公判が25日、大津地裁であった。

・大森直子裁判長は「1人でいる女性に狙いを定めて犯行を繰り返しており、強い非難に値する」として懲役5年6カ月(求刑懲役6年)を言い渡した。

・男は2019年9月から20年9月にかけ、道路などを通行中だった当時15~16歳の4人に対し、「自転車がパンクしたので見てほしい」などとうそを言って人気のない場所に連れ込み、暴行を加えるなどした。

・検察側は、男が「(少年法の対象となる)未成年のうちにレイプをいっぱいして20歳になったらやめようと思っていた」などと供述したと説明。計画的な犯行だと批判した。

・弁護側は事実関係は争わず、男の父親が監督を誓約し、被害者と二度と接点を持たぬよう引っ越す予定だとして、量刑を考慮するよう訴えた。男も「4人の親切心を踏みにじってしまった」と謝罪した。

ライブドアニュースより引用。

自分が少年法の対象であることをわかっていて犯罪に及んだ被告の元大学生。

これは計画的な犯行と言わざるをえないと思います。

実刑判決を受けましたが、鬼畜の犯行に胸糞が悪くなります。

ネットのコメント

未成年が起こした事件と言えば、福岡で女性が刺殺されるという事件もありましたよね。

モザイクがかかった犯人の写真に、被害者の顔写真は公開されるのに、犯人の顔写真は公開されないのかという声も多数あった事件でした。

今回の事件の被告人は実刑判決を受けましたが、このような事件がなくなることを願います。



この記事がよかったらシェアしてくださいね。

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるニュース
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました