笠浩二(C-C-B)死去死亡 | 死因は脳梗塞?お別れ会はいつ?

芸能
Pocket

「Romanticが止まらない」の大ヒット曲で知られるバンド「C-C-B」のドラマー・笠浩二(りゅうこうじ)さんが2022年12月14日、亡くなっていたことがわかりました。

この記事は、笠浩二さんの死因や病気について、また、若い頃の動画や画像について調べてまとめます。

笠浩二さん死去のニュース

笠浩二さん死去を伝えるニュースです。

『Romanticが止まらない』の大ヒット曲で知られるバンド『C-C-B』のドラマー・笠浩二さんが14日、亡くなっていたことがNEWSポストセブンの取材でわかった。2022年11月8日に還暦を迎えたばかりだった。地元の葬儀会社によると、葬儀は17日に行われているという。

yahooニュースより引用。

笠さんは、1998年から地元の熊本県南阿蘇村に移住し、病気の療養をしていたといいます。

もともと喘息もちで、体があまり丈夫ではなかった笠さん。人気絶頂期の1980年代にはストレスも重なり、摂食障害や脚気(かっけ)にもかかったことがニュースに書かれていました。

亡くなったことと葬儀は12月17日に地元で行われることは分かりましたが、死因は一体何だったのでしょうか?

笠浩二さん死因は脳梗塞

笠浩二さんの死因は脳梗塞であることが所属事務所より発表されました。

C-C-Bのメンバーでドラム・ヴォーカルを担当した笠浩二さんが、脳梗塞のため亡くなりました。

所属事務所は「7月末より持病の糖尿病の療養のため入院しておりましたが、脳梗塞のため令和4年12月14日、18時23分に満60歳にて逝去いたしました」と発表しました。

Twitterより引用。

笠さんの脳梗塞について調べていると、過去にも脳梗塞で倒れていたことが分かりました。

笠さんが過去に脳梗塞で倒れたのは2018年ということですが、脳梗塞は再発の恐れがある病気です。

脳梗塞は、再発を繰り返すたびに脳細胞の損傷範囲が広がっていきます。 このため、症状はもちろん、後遺症もひどくなると言われています。 したがって、脳梗塞が再発するとその後の体調は悪くなることが多く、たとえ1回目の発症が軽症だったとしても、2回目以降は悪化する可能性が高くなります。

脳梗塞が再発する前にも前兆はある?より引用。

また、晩年の笠さんは、歩行困難で、車いすで生活していたようです。

笠浩二さんのお別れ会はいつ?

笠さんのお別れ会について、開催されることは発表されていますが、日程については発表されていません。

後日、執り行われるお別れの会の詳細は、公式WEBサイト及びSNSで改めて告知されるとのことです。

笠浩二さんの若い頃の画像や動画

笠浩二さんは「Romanticが止まらない」の大ヒット曲で知られるバンド「C-C-B」のドラマーでした。

「Romanticが止まらない」は、1985年の大ヒットドラマ「毎度お騒がせします」の主題歌で知られています。

笠浩二さんがドラムを叩きながら歌う姿は、当時は衝撃的でした。両手両足使いながら歌うのがどれくらい難しいか素人にはわからないですが、とにかくインパクトが凄かった。

若い頃の画像ですが、大きめのメガネに紫色に染めた髪が特徴的ですよね。

アラフォー世代であれば誰でも知っているといっても過言ではない笠浩二さん。ご冥福をお祈りします。

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました