【大炎上】朝日新聞編集部が「新型コロナはある意味痛快(たまらなく愉快)」発言記者を担当取消し、不適切ツイート謝罪【とりあえず誤っとけ感満載】

メディア

朝日新聞のソーシャルメディア担当がした「新型コロナはある意味痛快」というツイート。

朝日新聞広報部がツイートは不適切であると謝罪し、ソーシャルメディア担当記者を取り消したツイートを行いましたが、この謝罪ツイートが話題になっています。

「新型コロナはある意味痛快」炎上したツイート内容

「新型コロナはある意味痛快」とツイートしたのは、朝日新聞でソーシャルメディア担当をしていた小滝ちひろ氏。

現在、小滝氏のアカウントは削除されていますので、ツイートを見ることはできませんが、スクショしたものがありますので紹介します。

小滝氏が使った痛快という言葉。痛快の意味を調べると、以下のように書かれていました。

たまらなく愉快なこと。胸がすくようで、非常に気持ちがよいこと。また、そのさま。

コトバンク デジタル大辞泉より引用。

世界中で流行し、死者も多数でている。WHOがパンデミック宣言をした新型コロナウィルスを痛快(たまらなく愉快)と表現した小滝記者。

どういうつもりで痛快と表現したのかは理解できませんが、不適切にもほどがあると思います。

小滝氏は以前にも米国イージス艦損傷の件で「戦場でもないところでなにやってんの」と発言し、謝罪したことがあります。

世界中でたくさんの人が苦しんでいる新型コロナウィルス。病気で苦しむだけではなく、仕事に行くことができなくなり収入減となった方もいるし、廃業する旅館もある。

小滝氏への怒りやあきれをツイートする方も多数いらっしゃいますが、お気持ちは理解できます。

朝日新聞社広報の謝罪ツイート

小滝氏のツイートについて、朝日新聞社広報が謝罪ツイートを行っています。

本社は、報道姿勢と相容れない行為だったと重く受け止め、専門的な情報発信を担う「ソーシャルメディア記者」を取り消しました。本人が説明やおわびなしにアカウントを削除したことも不適切でした。深くおわびします。

本人からの謝罪もなく、本社アカウントからの謝罪でもない。広報からの謝罪に、とりあえず誤っとけ感満載だなどのリプが多数寄せられています。

朝日新聞社広報の謝罪ツイートへのみんなの反応

世界が闘っている新型コロナウィルスを「痛快」(たまらなく愉快)と表現した小滝氏。

本人も謝罪すべきだと思いますし、私は小滝氏に本当にそう思っているのかと問いたいです。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:Twitterコトバンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました