蓮舫議員離婚⇒「同じ籍にいる必要はない」ペット以下に扱っていた夫を仕分けした理由がこちら

気になるニュース

立憲民主党の蓮舫参院幹事長が、夫でジャーナリストの村田信之氏と離婚していたことが週刊文春の取材で判明しました。

1993年8月に結婚し、97年には男女の双子が生まれたご夫婦ですが、離婚の理由はなんだったのでしょうか。

蓮舫議員離婚の理由

立憲民主党の蓮舫参院幹事長が、離婚していたことが週刊文春の取材でわかりました。

離婚の理由について蓮舫議員は、人生観の違いであると話しています。

『週刊文春』の取材で、立憲民主党参議院幹事長の蓮舫参院議員(52)が離婚していたことが判明した。

蓮舫氏は取材に応じ、「8月7日に離婚届を提出して受理されました。弁護士も入れず、円満な協議離婚です。(理由は)シンプルに人生観の違いですね。彼は早稲田大学で講義を持ち、学生と地域を結ぶ教育をしています。いずれ地方に生活の拠点を移そうと考えていた。一方、私は東京が選挙区で、東京から日本を変えたいという考え」

「子供たちが成人し、互いの将来を考えたとき、同じ籍にいる必要はないかな、と。息子の芸能活動が軌道にのり、娘の就職の内定が出たことが大きかった。今年春ごろから私の方から切り出して、話が整ったのがこのタイミングということ。2人でこの件で話したのは30分ずつ2回だけ。彼も私との価値観のズレはわかっていたから理解してくれました。ただ、今も連絡を取り合うほど仲はいいです。籍を抜いただけなので、生活も心境も全く変わっていないんです」と語った。

文春オンラインより引用。

離婚の理由を人生観の違いだと語った蓮舫議員。

今も連絡を取り合うほど仲はいいと不仲説を払拭する発言をされていますが、夫の村田信之氏はどのよに語っているのでしょうか。

蓮舫氏の夫・村田信之氏が話す離婚の理由

蓮舫氏の夫・村田信之氏は、スポーツ報知の取材に対して、嫌いで別れたわけではないと答えています。

戸籍上は他人となったが、現在でも仲は良好。「別に嫌いで別れた訳ではないからね」(村田氏)。現在もやり取りは続いており「『忘れ物をそっちに送っておいたよ』『琳のライブがあるよ』『週刊誌に記事が載るからね』など連絡がきますよ」と笑った。なお村田氏は現在、再婚の予定はないという。

スポーツ報知より引用。

村田氏も蓮舫議員と同様に、仲が悪いわけではないと話しています。

2人は蓮舫氏がキャスターを務めていた情報番組で知り合った。村田氏が番組スタッフだった。1993年8月に結婚し、97年には蓮舫氏が双子を出産。長男の村田琳(23)は現在、アイドルグループとして活動している。

スポーツ報知より引用。

ネットのコメント

蓮舫議員と言えば、かつて旦那の村田氏のことを、「ペット以下」と発言していましたよね。

旦那さんを「ペット以下」と言った理由については、8月27日(木曜)発売の「週刊文春」に掲載されます。


この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:文春オンラインスポーツ報知

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるニュース
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました