【衝撃】増えるPTA不倫。禁じられているから燃え上がる禁断の恋の理由がこちらになります…

メディア

「Aちゃんのお父さんとBくんのお母さん、不倫してるらしいよ。」

子供を学校へ通わせていると、不倫に関する噂話を聞くこともありますよね。

「不倫は文化」と発言した芸能人もいらっしゃいましたが、一般的には不倫はしてはいけないもの。禁断の恋をするからには重大な理由があるのでは…と考えてしまいますが、なかにはそうでもないものも。

この記事では、増えるPTA不倫の原因について、体験談を入れながら紹介します。

PTA不倫のきっかけとは

PTA不倫と言ってしまうと、言葉の響きが悪いかもしれませんが、「PTAの会合で知り合い、付き合ってしまう」ことが多いようです。PTA不倫は、妻たちが家を離れて、他のコミュニティーに所属することがきっかけで始まります。

PTA不倫体験談:同じ班で顔を合わせるようになってから…

久美さん(仮名、38歳)は、息子の中学校のPTA役員です。昨年から、夏休みの夕方~夜に子どもたちが街を出歩いていないか、パトロールすることになりました。

夜なので、下の子どもが小さいママは、旦那さんにパトロールをお願いすることが多くなります。日中の会合に参加できないパパがいるので、まずは自己紹介から始まります。「1年の○○の親です」「部活はバスケです」と学年や部活を越えた出会いです。

久美さんは、同じ班になったことがきっかけで、乙部さん(仮名)と知り合いました。乙部さんはがっちりとした体形で背が高く、アスリート系の男性に憧れていた久美さんは少しときめきました。

班の4人でパトロールをしながら学校や部活の話で盛り上がり、「今度このメンバーで居酒屋会をしよう」という流れになりました。そして、翌週土曜夕方から、駅前の居酒屋で集まり、わいわいと楽しい時間を過ごしました。

解散は午後7時ごろ。乙部さんと久美さんは同じ方向に帰るので二人きりになりました。自転車を押して土手を歩きながら、久美さんは高校時代の恋愛を思い出して切なくなりました。

黙って歩いていると、乙部さんが「自転車乗って、ホテル行きますか」と笑いながら誘ってきたのです。久美さんは誘われるまま自転車に乗り、1駅先にあるラブホテルに直行しました。戸惑うことはなく、しかし、なぜ戸惑わなかったのか、自分でも分からないのです。「パパに悪い」という思いが一瞬よぎりましたが、スッと散りました。

それ以来、土曜午後の3時間、家族の目を盗んで会っています。好きなスポーツの話や仕事の話をしていると新鮮で、若い頃のデートを思い出すのです。

libedoorNEWSより引用。

PTA不倫体験談:娘の親友のパパと関係を持ってしまった

世の中的は批判を浴びることをしているのかも知れませんが、私の今の想いや不倫を止める事は誰にも出来ないのです。

私の彼は私の次女の親友のパパなのです。次女が小学生になった頃から学校が一緒になったので、今年で約10年間のお付き合いになる、言わばファミリー同士でも何度も顔を合わせている関係性です。

現在私は36歳の2児の母であります。仕事はエステシャンを契約社員でしています。夫は14歳上の50歳。自営業で家計的にはとても恵まれた生活をさせてもらっているので、夫に対しては不満は一つもありせん。そんな満ち足りた生活をしている私が夫以外の男性に恋をしてしまったのです。

私が彼と恋に落ちてしまったのはあるきっかけがありました。

次女と彼の長女は中学で同じ部活に所属しています。夏は2泊で山中湖合宿があるのですが、1年生の時は私は日帰りで参加して、彼は夫婦で1泊で手伝いに参加しました。

来年こそは泊りで参加して、他の父母の方たちとも交流を深めたいと思っていました、一昨年の山中湖合宿に私は2泊で参加しましたが、他の父兄の参加は総勢13人と多くの方が参加しました。その中に彼も加わっていましたが、彼の奥さんはご実家の用事で合宿には参加する事が出来ずに、夫婦で参加をしなかったのは私と彼だけでした。

昼間は子供たちのサポート、夕方からは炊き出しやBBQの用意、夜は毎年恒例の親たちと監督、コーチとの飲み会の時間です。

1日目は翌日のことを考えて、程ほどな時間で切り上げましたが、普段は夜行性な私はお酒も足らずに、皆さんが寝静まった後の宿舎のロビーでタバコを吸って、ビールを飲んでいると、ロビーにパソコンを持った彼が現れたのです。

聞けば、仕事のメールを打ちたいけれど、キーボードを打つ音がうるさいと悪いからロビーに来たと言うので、彼がメールを終わるのを待って、二人でロビーで飲み直しをしたのです。

子供達が小学生の頃から親友なので、何度もお互いの家に子供を送迎したり、ファミリーで食事をした事も数回ありましたが、まじまじと互いの顔を見ながら、こんな風に二人でお酒を飲むのは初めてなので、とてもドキドキしました。

彼も同じ事を考えいる?と思った瞬間に、「ロビーの声って以外に響くから、車で飲まない?」と言ってきたのです。

私はその時にとてもドキドキと心臓が鼓動している事が自分でも分かりましたが、それはこれから始まる彼との不倫を予知していたんだと思います。

彼がすぐに鍵を取ってくるから、駐車場にいて言うので従いました。

車に乗り込むと、少しきまずい時間を流れた後に、彼から飛んでも告白を受けたのです。「実は2年前にみんなでご飯を食べた時から私の事が気になっていた」と言うのです。

そのまま彼にキスをされると、私もそれを拒むことを出来ず、彼を受けれいれました。

そのまま二人は車の中で周りを少し気にしながら、結ばれました。

翌日の晩は二人で抜け駆けをする為に、お酒を飲まずに、早くみんなが解散する様に懸命にお酒を進めて、酔わせました。

深夜1時前に宿舎を出て、近くのラブホへ行きましたが、その時から二人での本格的な不倫生活が始まりました。

とにかく誰かにばれたらこの恋は終わってしまうので、普段の生活は何事も無かった様に自然に過ごしましたし、彼との連絡も極力取らない様にしました。

しかし、2週間に1度は決めたホテルで3時間ほど過ごすことをすると言うルールを作りました。

彼とは現在は1年と3ヶ月目のお付き合いをしていますが、とても順調で心穏やかな日々を過ごしています。不思議とお互いの夫や妻に申し訳ないという気持ちはありません。不倫していて、心穏やかは無いといわれるかも知れませんが、今はとても充実していますし、今後もこんな気持ちで過ごすのが願いです。私たちは運命の出会いをしたんだと思います。

本当にあった不倫の体験談64選より引用。

内緒で始めた不倫が修羅場に

PTA不倫とは離れてしまいますが、不倫がばれてしまったときに家庭内が修羅場となる場合も多くあるようです。

ARUHIマガジンで、不倫経験者100人に聞いた! 修羅場経験やそのときのエピソードについて教えてくださいと題して不倫経験者にアンケートを取った結果を紹介します。

【質問】

  • (1)不倫したときの修羅場経験や支払った慰謝料、離婚に至ったかなど、そのときのエピソードを教えてください。
  • (2)不倫相手のことを今どう思っていますか?

・(30代/女性/専業主婦)

(1)突然不倫相手の奥さんから電話があり怒鳴られました。職場にバレて私はクビになり県外へ逃げましたが、不倫相手は離婚していません。慰謝料も払っていません。

(2)もう不倫相手のことはなんとも思っていません。

・(60代/男性/会社役員)

(1)妻にバレて、お灸を据えられましたが、謝って解決しました。離婚には至りませんでした。

(2)今はなんとも思っていません。

・(30代/男性/会社員)

(1)不倫相手、元嫁、またその両方の両親が出て来て、大騒動になってしまいました。慰謝料は100万円払い、元嫁とは即離婚となりました。

(2)今は不倫相手に対しては、大変かわいそうなことをしたと思っています。

・(30代/女性/専業主婦)

(1)修羅場はお互い妊娠してしまったこと。

(2)二度と会いたくないです。

・(50代/男性/会社員)

(1)携帯の履歴を見られるというベタな形でばれ、速攻で離婚を告げられました。その後、相手同士で鉢合わせになる機会があり、その場を収めるのにしばらくかかり、大変なことになりました。

(2)もう二人共に弁解したので未練はありません。

・(40代/女性/専業主婦)

(1)夫が激務過ぎて話もできず、同僚と出張に行ったときにそういう関係になりました。修羅場になるかと思いましたが、夫に冷めきって、夫婦関係の解消を申し出ました。慰謝料無し、共有の貯金を折半。子無しなのでさっぱりしたものでした。

(2)不倫相手とは少し付き合いましたが、今ではまた仕事のみの関係です。多分一生友達です。

・(30代/女性/会社員)

(1)すでに奥さまと別居している方とおつきあいしていたのですが、ふたりでいるところを奥さんに見られたらしくて慰謝料は発生しませんでしたが「行動に気を付けて」と言われました。

(2)不倫相手に対しては、別居していたとは言え、離婚をきちんとしていないときに付き合った不誠実さに不快感を抱いています。

・(20代/女性/自由業・フリーランス)

(1)不倫相手が妻と離婚して私と結婚してくれると言ってくれたので、それを信じていたのですが、一向に離婚してくれず、それどころか彼との不倫がばれて、慰謝料請求が私にありました。とんでもない金額でびっくりしました。

(2)彼とはもう縁を切っているので特に感情はありませんが、今思えばだらしない人だったなと思います。

・(40代/男性/会社役員)

(1)不倫相手が妊娠してしまい、どうしようかと思ったが、相手に産む気がなかった。その後、相手が結婚してしまい、連絡していない。

(2)不倫相手に対して、今は、想い出としか意識していないが、幸せになってほしいと思っている。

ARUHIマガジンより引用。

修羅場については、妊娠にまで至った人や、両親なども巻き込んで大騒動になったというエピソードもありました。修羅場を迎えた人の多くが、慰謝料などが発生しているようでした。慰謝料となると数百万円単位でのお金が発生して、お金の工面が大変なことが想像されます。

また、不倫解消後の相手については、あまり関心がなくなっている様子が分かります。不倫相手に申し訳ないと考えたり、二度と会いたくないと考えたりする人など様々な思いがあるようですが、不倫相手のことについてはあまり思い出したくない様子がうかがえます。不倫の思い出を一刻も早く忘れたいと考えているのかもしれません。

夫には不満はない。家族は大事だけど…

PTA不倫の出会いは、同じ学校の定期的な会合に限りません。たまたまであった2人、出会うはずのない者同士が「子どもを通じた世界」を通して接点を持ちます。

妻側が夫に不満を持っているから、他の男性に気持ちが向くのだろう」というまっとうな推測は通用しないし、「夫には不満がなく、好きだし、家族は大事。でも彼と会ってしまう」。 体験者の経験を見てみると、幾度となく語られています。そして、女性によって不倫に陥る理由は全く異なるのです。

PTA不倫が増えている理由

男性側に理由を問うと、「学区内だから近距離で会いやすい」という回答が圧倒的に多数です。「“おしゃれ不倫”だと人気の店ときれいなホテルの気遣いがいるし、終電を気にする。エネルギーとお金がないと踏み込めない」という言葉が、男性の気持ちを表していると感じます。

一方、女性側の意見としては、「近い場所に住んでいるので、ちょっとした空き時間ができればLINE一本で20分後に会えてしまう」「ママ友にアリバイ工作をお願いしやすい」などが聞かれます。PTA世代は、自由になるお金と時間が限られている世代です。「すぐに会える」「高級ホテルを必要としない」「協力的な友達がいる」のは環境として最適のようです。

男性側、女性側のPTA不倫の理由を考えると、禁じられた恋のはずなのに、近いから気軽に会いやすい、LINE一本ですぐ会えてしまう、お金がかからないなど少し簡単すぎるような気もします。

とはいえ、好きになり関係を持ってしまったら誰にも止められないもの。修羅場の例もありますので、ばれないようにお付き合いしなければいけませんね。

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
メディア 気になる情報
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました