「まだお空に行けてないの?」旅立った愛犬が夢で会いに来た話し。20万人が涙腺崩壊した2秒で泣ける話しに胸が詰まって言葉がでない…

メディア

ペットと一緒に暮らしていると、必ずやってくるのがペットとのお別れ。

何年も一緒に過ごしたペットと別れると、心にぽっかり穴が開いたような感じがします。

この記事は、長年一緒に暮らし、先立ったペットが夢で会いに来たお話しを紹介します。

旅立った愛犬が夢で会いに来た話し

るん太さん(@runta1210)のツイート。るん太さんは、16年間一緒に暮らした愛犬ミルとお別れをしたそうです。

ダックスフントの寿命は12年~16年と言われていますが、ミルが生きたのは16年。

人間の16年といえば、赤ちゃんが高校生になる長い時間。るん太さんとミルには、たくさんの思い出があったでしょうね。

るん太さんの夢に出てきた愛犬ミル。るん太さんはミルを撫でて「じゃあ、もうちょい遊んでようか」と声をかけたところで目を覚ましてしまいます。

そして、るん太さんの目には涙が…

またミルに会えた嬉しさやミルとの思い出、そして、ミルとの別れ…いろいろな思いがるん太さんの胸に広がったことだと思います。

このお話しは20万いいねがついていますが、私もいいねしています。

それに、このお話しを読んだとき、一緒に暮らしているペットとの別れを想像してしまい、胸が詰まって言葉がでてきませんでした。

るん太さんは、ミルの写真も投稿しています。つぶらな瞳がとても可愛らしいですね。

旅立った愛犬が夢で会いに来た話しのみんなの感想

きっとミルちゃんはるん太さんと遊びたかったのでしょうね。

このお話しを読んだ方は、2秒で泣いた、涙が止まらないなど、泣けたという感想が多いです。

夢だとわかっていても会えて嬉しい。しかし、目が覚めて現実に戻ったときには愛犬とのいろいろな思いが去来し涙がこぼれる…

Twitterで20万いいねがついた、涙腺崩壊したお話しを紹介しました。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました