おっぱいチラ見用カメラを仕込んで街を出歩いた結果wwスケベなやつ多すぎだろww

メディア

街ですれ違う胸の大きな女性を見かけると、つい胸に目がいってしまう。

おっぱいをチラ見してしまう人はどれくらいいるのかを検証するムービーが、youtubeで公開されています。しかもこのおっぱいチラ見検証ムービー、ただのおもしろ動画ではありません

この記事では、「おっぱいをチラ見する人」を撮影したムービーと動画に隠された本当の目的を紹介します。

「おっぱいをチラ見する人」を撮影したムービー

Woman Wears Hidden Camera in Cleavage For Breast Cancer Awareness | NowThis

この動画を投稿したのは、ホイットニー・ゼリグさん(29)。何の変哲もない黒い服に見えますが、実はボタンによく似た隠しカメラが仕込まれています。

ホイットニーさんは 隠しカメラを仕込んでニューヨークを歩き、どれくらいの人が自分の胸をチラ見するのか確認しました。なお、ホイットニーさんを撮影しているのは兄のクリス・ゼリグさんだそうです。

まずはカフェで、男性と同席している女性がチラ見。胸をチラ見するのは男性だけだと思っていたらそうではないようです。

散歩中のサングラスのおじさま。サングラスをかけているからといってもチラ見はごまかせません。

こちらの店員さんは口が開いちゃってます。

胸の前でさらに大きな果実を2個手にするホイットニーさんを見て、隣のおじいさんは怪訝そうな顔に。

バットマンや人力車の運転手までもがホイットニーさんの胸をチラ見しています。

動画の最後には、「Ladies, don’t forget to check out your own breasts too.(女性のみなさん、あなた自身の胸をチェックすることも忘れないでください)」とのホイットニーさんからのメッセージがあります。

このメッセージにはホイットニーさんが本当に伝えたいことが隠されています。

動画の本当の目的は乳がん検診の意識向上

ホイットニーさんが今回のユーモアあふれるおっぱいチラ見動画を公開した理由。それは「乳がんの自己診断および早期検診の意識向上を呼びかけるため」でした。

「Early detection saves lives.(早期検診が命を救います)」と、ムービーは視聴者に訴えています。

女性の中には自分の胸が注目の対象になっていることを嫌がり、恥ずかしいとか嫌になったりする人もいますが、「全ての女性が自分の胸に自信を取り戻して乳がんへの意識を高める必要がある」というメッセージを、ホイットニーさんの投稿では発信しています。

日本で考えて見ると乳がんにかかる女性は増加傾向。一年にで約1万4000人が乳がんで亡くなっています。特に30歳~64歳の女性では乳がんが死亡原因の第一位になっています。

乳がん検診の受診率が低いこともあり、早期発見ができていないのが乳がんでの死亡者数が増える一因になっているそうです。

この記事を開いた男性のみなさん、道行く女性のおっぱいチラ見ばかりしてないで、奥様や娘さんには乳がん検診を毎年すすめてくださいね。

参考 https://news.livedoor.com/article/detail/17502499/

コメント

タイトルとURLをコピーしました