爪水虫の治療費は高い?3つの治療費の例

未分類

足の爪が黄色く濁りかかっていたり、白くなったりする爪水虫。

爪水虫の症状は、足の指の水虫(足白癬)の症状とは違ってジュクジュクしたりかゆくなったりという自覚症状はありませんが、他人に移ります。

また、爪水虫は、足の指の水虫(足白癬)を持っている方が発症するので、自覚症状がないとはいえ、「水虫持ち」ということになります。

水虫治療といえば、様々な治療薬がドラッグストアなどで購入できますが、「自分に治療薬が合わない」「なかなか治らない」などの評判を聞いたりします。

また、爪水虫を病院で治療したいけど、治療費が高いと不安な方もいるでしょう。

では、爪水虫を病院で治療した場合、治療費はいくらかかるのでしょうか?また、お金をかけずに爪水虫を治療する方法はあるのでしょうか?

この記事に書かれていること
  • 爪水虫の症状
  • 爪水虫の3つの治療方法
  • 爪水虫の治療費の3つの例
  • 爪水虫の治療費を抑える方法

爪水虫の治療費は約5万円かかると発表している病院もあり、医療費は高いです。

自覚症状がなくほっときがちな爪水虫。知らないうちに水虫他人に移しているかもしれません。

爪水虫の症状

アンファーからだエイジングより画像引用。

爪水虫の症状は、足の爪が黄色く濁ったり、白くなったりすることです。

症状が進行すると、爪が欠ることで歩くと痛みがでて、歩行に支障がでることがあります。

では、実際に爪水虫がどのように見えるかというと上の画像になります。

右足の親指の爪の左半分が主に黄色く濁っていることがわかります。

爪水虫学生
爪水虫学生

自分に自覚症状がないから、放置でもいいや。

靴下履けば誰にも爪水虫がばれないしね。

かゆみなどの自覚症状がないから治療しなくてもいいと思う方がいると思いますが、爪水虫の人はそもそも水虫持ちです。

そして、爪水虫は他人に移ります。

上の画像のような足の爪の方は、しっかりと治療し、完治させることが必要です。

では、爪水虫の治療にはどんな方法があるのでしょうか。



爪水虫の3つの治療方法

爪水虫の治療方法は、外用薬(クレナフィン)、内服薬、レーザー治療の3種類の方法があります。

それぞれの治療法の特徴についてまとめました。

  1. 外用薬(クレナフィン)
    爪に浸透しやすい濃度の濃い爪水虫専用の塗り薬。副作用の心配はないが、皮膚がかぶれる可能性がある。爪が生えかわるまで約半年から1年間、1日1回塗り続けなければならない。

  2. 内服薬
    3種類の内服薬がある。スラブコナゾール(ネイリン)、テルビナフィン(ラミシール)の2種類は比較的安価であるが、約半年から1年間飲み続けなければならない。前述の2種の内服薬に効果が見られない場合は、イトラコナゾール(イトリゾール)を用いるが、胃腸障害や肝機能障害を生じることがある。

  3. レーザー治療
    レーザー光線照射により、その温熱効果により爪白癬(爪水虫)を蒸散させたり、殺菌させたりする治療法。日本では厚生労働省の認可はされていないため、自費治療となる。レーザー治療による副作用はほとんど報告されておらず、やけどや色素沈着等も見られていない。

治療費ですが、内服薬の場合は約2万円、外用薬については後述しますが約5万円、レーザー治療の場合は約4万円かかるといいます。

爪水虫の治療費の例について調べてみました。

爪水虫治療費の3つの例

爪水虫学生
爪水虫学生

爪水虫を病院で治療したいけど、いくらぐらいかかるのかな。

爪水虫の治療費は約5万円かかるという例があり、金額は高いと思います。

特に、これから社会人になるような大学生であれば、バイト代や生活費から5万円を捻出するのは生活に支障があるのではないかと思います。

また、働いていても病院代で5万円と聞くと、少しためらうの方もいるでしょう。

では、爪水虫の治療費について、3つの例を紹介します。

爪水虫の治療費に2万円かかった例

youtubeに爪水虫を病院で治療した方の記録が投稿されています。

【爪水虫医療費】完治までの治療費の記録

channel MAYBEさんが投稿された【爪水虫医療費】完治までの治療費の記録という動画です。

爪水虫を病院に通院して完治までにかかった治療費は、22,860円だったと動画投稿されています。

爪水虫の治療のために通院した回数は5回だったことが動画で話されていますが、一回ごとの治療に要した金額をまとめました。

爪水虫治療に要した金額まとめ
  • 2015年10月17日 初診(通院1回目) 医療費¥1,050円 調剤費¥2,200円 合計¥3,250円
  • 2015年11月14日 通院2回目 医療費¥600円 調剤費¥3,970円 合計¥4,570円
  • 2017年6月10日 通院3回目 医療費¥1,050円 調剤費¥4,010円 合計¥5,060円
  • 2017年12月9日 通院4回目 医療費¥1,050円 調剤費¥3,970円 合計¥5,020円
  • 2018年5月12日 通院5回目 医療費¥1,050円 調剤費¥3,910円 合計¥4,960円
  • 合計 通院5回 治療費¥22,860円

爪水虫の治療に、2年7か月かかっていますが、これはchannel Maybeさんが通院をサボったためだといいます。

「治療をサボるとすぐに悪化します。医師の指示通り治療していれば、2年かからず治せたはず。」とchannel Maybeさんは反省されていますが、病院にサボらないで治療に行けば、完治までの期間と金額は変わっていたかもしれません。

また、爪水虫の通院治療費も総額で約2万円、1回の通院治療費が約5,000円程かかっていることがわかりました。

爪水虫の治療費に4万円かかるという例

パレスクリニック美容皮膚科より画像引用。

channel Maybeさんの爪水虫の治療は、治療薬(クレナフィン)で行われましたが、レーザー治療するという病院もあります。

今回当院に導入した爪白癬(爪水虫)のレーザー治療器、Lunula(ルニュラ)レーザー。

当院で一番処方している外用剤のクレナフィンとの費用比較をしてみましょう。

レーザーでは4回の治療で完結し、その総額は39600円税込です。

三本木クリニックより引用。

爪水虫の治療に、レーザーを用いるという病院があります。

皮膚科、内科、小児科などの診療科目がある愛知県日進市の三本木クリニックの院長ブログに、爪水虫をレーザー治療した場合、約4万円かかるということが書かれています。

前述のchannel Maybeさんの場合、爪水虫治療に2年7か月かかったことが動画投稿されていましたが、レーザー治療の場合は週1回の治療で計4回通院すれば良いということです。

そう考えると、治療期間としては1か月で済むことになりますが、治療に支払う費用は4万円となります。

三本木クリニックの医長は、治療薬(クレナフィン)を用いての治療をすると、もっと治療費が高くなるかもしれないとしています。

爪水虫の治療費に5万円かかるいう例

三本木クリニックの院長ブログで、爪水虫の治療について、レーザー治療を行った場合と治療薬(クレナフィン)で治療を行った場合の治療費が比較されています。

レーザーでは4回の治療で完結し、その総額は39600円税込です。

一方クレナフィンは毎月1本ずつとして1年かかることが多いのでそれを平均とすると約50000円(月一の通院として保険治療で3割負担で計算)です。

三本木クリニックより引用。

channel Maybeさんの爪水虫治療費は、約2万円でした。

しかし、治療薬(クレナフィン)で治療した場合、完治までの期間は1年かかることが多いそうです。

そう考えると、実際に爪水虫を通院治療されたchannel Maybeさんの1回の治療費が約5,000円。

三本木クリニックの院長の話も同様に1回の治療費が約5,000円。

治療に1年かかるとすると、通院回数が12回になります。

5,000円×12回=60,000円

単純に掛け算しただけでも60,000円かかることになりますので、三本木クリニック院長が言う、「爪水虫を治療薬(クレナフィン)で治療したら、約50,000円治療費がかかるということが理解できますよね。

爪水虫学生
爪水虫学生

えーっ!

爪水虫の治療費ってそんなに高いの!?

もっとお金がかからないで治療する方法はないのかな…


「ちりもつもれば山となる」とはよく言ったものですが、爪水虫の治療費に2~5万円かかるとは高いと感じる方もいますよね。

しかし、治療費の負担を軽減しながら、病院でお金をかけずに爪水虫を治療する方法があります。

病院でお金をかけずに爪水虫を治療する方法

治療に約5万円がかかるという爪水虫。

月1回の通院に、約5,000円かかるということがわかりました。

爪水虫学生
爪水虫学生

爪水虫を治療するのに、月1回5,000円。

完治までに約5万円なんて、そんなお金ないや…


やっぱり、他人に言わなきゃバレないから治療止めようかな…


でも、他人に移すのは嫌だなぁ…

アルバイトや自活している学生さんであれば、月5,000円の出費は大きいです。

学生でなくても、月5,000円の通院治療費は高いと感じる方がいるでしょう。

しかし、治験であれば、負担軽減費(謝礼)を受け取りながら、病院で爪水虫治療を受けることができます。

被験者の方に対して支 払われるお金のことを「負担軽減費」といいます。 「治験協力」といっている施設もあるよう ですが、ほとんどの医療機関では「負担軽減費」が好まれて使われています。 「負担軽減費」は、 治験依頼者(製薬企業等)が用意し、治験を実施する医療機関を通して支払われます。

臨床治験管理センターニュースより引用。

よくインターネットを見ていると、「治験バイト」なんて言葉を見かけませんか?

twitterでもこんなツイートを見かけます。

治験は、負担軽減費(謝礼)を受け取りながら病気の治療ができるので、治験バイトと呼ばれることがあります。

治験のメリットを考えると、患者の金銭的な負担が少なくなるということがあります。

そして、病院でお金をかけずに治療ができる爪水虫の治験もあります。

爪水虫の治験はどこで募集している?

爪水虫の治験は、「ぺいるーと」で募集しています。

ぺいるーとは、爪水虫だけではなく、アルツハイマー型認知症や緑内障、高血圧などの治験募集を行っている会社です。

また、疾病がある方だけではなく、健康な方を対象とした治験モニターを幅広く募集しています。

>>ぺいるーと公式ホームページ

爪水虫の治験を受けられる病院

爪水虫の治験を受けられる病院は全国にあります。

ぺいるーと公式ホームページに、爪水虫の治療を受けられる病院について書かれています。

全国各地の複数の医療機関(病院・クリニック)で治験参加者を募集しています。職場や自宅の近くからご参加いただけるように最寄りの施設をご案内します。

ぺいるーと公式ホームページより引用。

有効期限内の保険証を持っていて、爪水虫の症状があり、3か月以内の治験参加歴がない方は、爪水虫の治験をぺいるーと公式ホームページから申し込むことができます。

爪水虫の治療費を治験で抑える

公益社団法人日本皮膚科学会によると、日本には1000万人の爪水虫の方がいるといいます。

かゆみなどの自覚症状がない爪水虫ですが、そのままにしておくと他人に移す可能性があるだけではなく、爪が分厚くなりポロポロと欠けてくるなどの症状がでてきます。

足の爪が欠けてなくなることを想像しただけでも痛々しいですよね。

ただ、爪水虫を治療しようと思っても、治療費が5万円なら高いと思う方が多いと思います。

しかし、治験であれば、爪水虫を治療費をかけずに治すことができます。

爪が白色や黄色に変色し、表面が凸凹。爪が分厚くなってボロボロと欠ける。縦に白いスジが入っている…などの症状があります。症状に気付きにくいため実際に治療されている方はほとんどいらっしゃいません。治験に参加すると、初診料や再診料を負担いただきますが、通院毎に7,000円〜10,000円の負担軽減費を受け取りながら、実質無料で専門医の元で治療することができます。

ぺいるーと公式ホームページより引用。

爪が変色したり、欠けたりする爪水虫。大事な家族や恋人に移さないように、ぺいるーとの爪水虫治験なら治療費を抑えて治療することができます。

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました