【池袋暴走事故】上級国民・飯塚幸三に妻子を轢き殺された松永さんへ高齢ドライバーがかけた言葉が酷すぎる…

気になる情報

東池袋自動車暴走死傷事故で、妻と娘さんを亡くされた松永拓也さん。

ある高齢者ドライバーが松永拓也さんへかけた言葉が話題になっています。

高齢者ドライバーが松永さんへ高齢ドライバーがかけた言葉

事故はどうすることもできない

そういう間違いもそれこそ、100万人に1人くらいはあるかな

加害者もある程度は許されなければならない

被害者も月日がたてば忘れることも必要

高齢者ドライバーが松永さんへ高齢ドライバーがかけた言葉です。

確かに、時間は取り戻すことができません。

事故の前に時を戻すこともできません。

高齢ドライバーの言葉に、娘さんがこのように話しています。

高齢ドライバーの娘さんの言葉

今の父の返事はとてもショックだったんですけど

それに対して松永さんがすごく寛大に答えてくださって

加害者(飯塚被告)の意識と父は同じだと思うんです

殺意があったわけではないからとか

それはあってはならない間違い

間違いではすまされない

娘さんの言葉に高齢ドライバーは

高齢ドライバーは、娘さんの言葉に「運転をやめる方向にしていきたい」としながらも運転を続けている。

加害者である飯塚幸三被告が逮捕されていれば、抑止力に繋がっていたのかもしれません。

>>【被害者しかいない交通事故】轢き逃げ、重症8人、死者2人、「上級国民」飯塚幸三に轢き殺される直前の被害者家族のLINE画像がこちら…

田舎に住んでいると、どうしても自動車は必要だと思いますが

ただ、事故を忘れろとは酷すぎる気がします。

>>【池袋暴走事故】「本日は父の日です。 動画は2歳4ヶ月の時、莉子が生まれて初めてボタンをかけられた時のものです…」残された父の言葉が最後まで読むと泣けてくる…

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:imgur、働くモノニュース

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる情報
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました