看護師の母ちゃんからの遺書。パチンコ、サーフィン、「コロナ関係ない」って言ってる奴に腸が煮えくりかえってくる…

気になるツイート

Twitterで見かけた、看護師をされているお母さんからの遺書が話題になっていますので紹介します。

看護師母ちゃんから娘への遺書

とも!さんのツイートです。

母子家庭で看護師をされているお母さんから娘のとも!さんへ、出勤前に遺書を書いたので聞いて欲しいという話しがあります。

コロナに感染して亡くなった人は、遺族が最後の対面もできない。

先日亡くなられた志村けんさんもそうでした。お兄さんは志村さんの顔を見ることも許されなかった。

「あなたの花嫁姿を見たい。それが心残りになると思う。でも、わたしはそれでも仕事に行くね。感染しないように気をつけてるけど、絶対に感染しない保証は誰にも出来ない。よく顔を見せて。」

2人で大泣きしたとツイートされています。

看護師母ちゃんから娘への遺書へのみんなの反応

見えないコロナに恐怖を感じているのは、医療関係者も同じです。

そして、未だに「コロナ関係ない」って思って遊びに出かけている人がいる。

言い方はきついですけど、自分勝手に遊びに行って新型コロナウィルスに感染した人も、自分が新型コロナウィルスに感染するリスクを抱えながら医療関係者は治療している。

自分の身を守る、自分が新型コロナウィルスに感染しないことが、たくさんの人を守る、医療関係者を守るということに繋がることに気がついていない。

この記事がたくさんの人にシェアされることを望みます。

参考:Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました