「ごめんねじゃないからね」クラスターが発生した保育園。園児からの励ましの手紙にこういうニュースが増えて欲しい

気になるニュース

新型コロナウィルスのクラスターが発生した保育園に、保護者や園児から励ましの手紙やメールが相次いでいるといいます。

クラスターが発生するとニュースになり、誹謗中傷の的になることが多いですが、クラスターが発生した佐賀県鳥栖市の保育所はそうではありません。

地域の方や保護者、そして園児からの苦情もなく、逆に応援する心温まる対応をされているといいます。

園児から保育園の先生へのやさしさが詰まった手紙を紹介します。

園児から先生へ励ましの手紙

「せんせいへ。いつもあそんでくれてありがとう♡ごめんねじゃないからね。」

手紙に書かれている絵は先生でしょうか。ニコニコとほほ笑む2人の先生が描かれています。

・「ごめんねじゃないからね」-。新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した佐賀県鳥栖市の保育所に、園児や保護者から励ましの手紙やメールが届いている。消毒を終え、27日から保育を再開した同園。感染者への誹謗(ひぼう)中傷が社会問題となる中、同園には近隣住民などからの苦情もなく、職員たちは感謝とともに人の温かさを改めてかみしめている。

・園児からの手紙には、笑顔を見せる職員2人の絵などとともに「せんせいへ いつもあそんでくれてありがとう ごめんねじゃないからね」という言葉が添えられていた。

ライブドアニュースより引用。

新型コロナがなかなか収束を見せず、何かイライラが続いているように感じることがあります。

コロナ感染者やクラスターが発生してしまった施設は悪者扱いされ、誹謗中傷の的になっているというニュースもあります。

そんななか、先生を励ます園児の心温まる手紙。

こういうニュースが増えて欲しいですよね。

ネットのコメント

園児から先生への信頼を感じる手紙ですよね。

先生は先生でも、ただ責め合うだけの国会議員の先生にも見習ってほしいです。

言葉で優しく寄り添ってあげられるって素敵です。



この記事がよかったらシェアしてくださいね。

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるニュース
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました