「もし、6週間みんなで頑張れたら…」東京都医師会からの『重要なメッセージ』。6週間後の未来を作るのは私達、みんなでコロナを終わらましょう!

気になる情報

東京医師会がコロナ終息へ向けて、メッセージを出されています。

この記事では、東京医師会からのメッセージとみんなの反応についてお話しします。

「もし、6週間みんなで頑張れたら…」東京医師会からのメッセージ

東京医師会が、新型コロナ感染症について「もし、6週間みんなで頑張れたら」というメッセージをだされました。

もし、東京で2週間新型コロナの感染者が出なかったら、2週間後には新しい感染者がほとんどでなくなる。

その2週間後には、ほとんどの患者さんが治り、そのまた2週間後には街に新型コロナウィルスを持った人がいなくなる。

たった6週間うつされない努力をすれば、新型コロナを終息させることができる。

メッセージはこう締めくくられています。

東京医師会からのメッセージへのみんなの反応

自分の身を守るということがどういうことにつながるのか。

自分が感染しなければ、家族、友人、職場の仲間などへうつすこともない。大切な人を守れます。

新型コロナウィルス感染の危険と戦いながら患者治療をしている医療従事者も守ることができる。

たった6週間の辛抱です。

6週間後の未来をみんなで作りませんか。

この記事が良かったらシェアしてくださいね。

参考:Twitter

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる情報
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました