ねえ、これ何に使うか知ってる?昭和生まれが「あーあれね!」と懐かしんでしまう最近見なくなった便利アイテム5選

メディア

子供の頃よく見かけたのに、最近見かけなくなった物ってありますよね。

この記事では、昭和生まれが思わず懐かしんでしまうアイテム5選についてお話しします。

版画で使う馬連(ばれん)

これは、馬連(ばれん)です。馬連 とは、木版・版画を摺る際に用いられる道具です。

缶切りと栓抜き

缶切りと栓抜きが一つになっている秀逸アイテム。最近は缶切りを見かけなくなりましたね。

卓上式電話帳

黒電話に卓上式電話帳。昔、おばあちゃんの家で見たことがあります。

インスタントレタリングテープ

今ではテプラなどがあるので使いませんが、昔はカセットテープなどによく使っていました。

砂消しゴム

スタビロの半分砂消しになっている消しゴム。ボールペンで書いた字を消すのによく使っていましたが、紙ごと削れたり、紙が黒くなった思い出があります。

昭和生まれが思わず懐かしくなるアイテムを5つ紹介しました。

今はそれに変わるものがあったり、使わなくなったりしていますが、子供の頃は便利だなと思う物ばかりです。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました