「時間さえあれば日本人を拉致していました」元北朝鮮工作員が語る拉致の真実。映像のラストに胸が痛む…(動画あり)

気になる情報

時間の経過とともに報道されることが少なくなってきた北朝鮮による日本人拉致問題。

地村保志さん夫妻・蓮池薫さん夫妻・曽我ひとみさんの5人が北朝鮮から帰国したのは2002年の出来事でした。

あれから19年。横田めぐみさんなどまだ帰国されていない被害者もいる拉致問題ですが、元北朝鮮工作員が日本人拉致について語る動画が話題になっています。

「時間さえあれば日本人を拉致していました」元北朝鮮工作員が語る拉致の真実。

当時、日本に潜入していた北朝鮮のスパイは、時間さえあれば日本人を拉致していた。相手は誰でもよかった。

元北朝鮮工作員のアン・ミジョンジンさんが語る拉致の真実です。

>>【動画】元工作員「時間さえあれば日本人を拉致していました」


>>【動画】地上波で横田めぐみさん事件

動画では、北朝鮮の船に載せられて運ばれる様子が語られています。

鉄製の戸や壁をひっかいて爪が剥がれる様子など、見るに堪えないと語られています。

北朝鮮による日本人拉致問題(きたちょうせんによるにほんじんらちもんだい)とは、1970年代から1980年代にかけて、北朝鮮の工作員や土台人、よど号グループなどにより、17人(北朝鮮側によれば13人)の日本人が、日本、欧州から北朝鮮に拉致された問題である。

wikipediaより引用。

ネットのコメント

・動画のラスト、マジで胸が痛い

・拉致された被害者を自力で取り返せないとか何だこの糞な世の中

・力が欲しいね。中国を滅ぼすことが出来るほどの力が。力なき正義は無力だわ

・私の地元でも子供が行方不明になりました… 神隠しとしか思えないような事件でした… まさか…

・拉致被害者の人数は軽く1000人以上いるのでは

菅総理も拉致被害者を取り返したいと発言されていましたよね。

政治家のみなさん、よろしくお願いします。

拉致問題が解決され、北朝鮮に生存している方が一日も早く祖国に戻ることができることを願います。



この記事がよかったらシェアしてくださいね。

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる情報
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました