【新展開】「すべて佐川局長の指示です。」森友学園問題で自殺した外務省職員の遺書が週刊文春にて公開される→森友問題はまだ終わっていないとの声が…

メディア

森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん事件。

2018年3月7日に自殺した財務省近畿財務局管財部、上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)が、死の直前、決裁文書の改ざんの経緯を詳細に記した「手記」を遺していたことがわかりました。

「すべて佐川局長の指示です。」森友学園事件で自殺した外務省職員の遺書

森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん事件に関連し、2018年3月7日に自ら命を絶った財務省近畿財務局管財部の上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)が、死の直前、決裁文書の改ざんの経緯を詳細に記した「手記」を遺していたことがわかった。

大阪日日新聞記者で、森友学園問題を当初から取材し続けている相澤冬樹氏が遺族から「手記」全文、および関連する手書きのメモの提供を受けた。

文春オンラインより引用。

自殺した赤木俊夫さんの手記について、文春オンラインに書かれていたことを要約します。

  • 「手記」はA4で7枚。
  • 自殺当日まで書かれていた。
  • 「すべて、佐川理財局長の指示です」、「美並近畿財務局長に報告したと承知しています」など当時の財務省、および近畿財務局の幹部らの言動について実名で詳細に綴られている。
  • 「財務省が国会等で真実に反する虚偽の答弁を貫いている」などと同省の対応を強く批判していた。

手記には、赤木氏が心身ともに苦しんだ様子が書かれているといいます。また、手記の最期に書かれていた文があります。

この事実を知り、抵抗したとはいえ関わった者としての責任をどう取るか、ずっと考えてきました。事実を、公的な場所でしっかりと説明することができません。

今の健康状態と体力ではこの方法をとるしかありませんでした。(55才の春を迎えることができない儚さと怖さ)家族(もっとも大切な家内)を泣かせ、彼女の人生を破壊させたのは、本省理財局です。

(中略)

さようなら

文春オンラインより引用。

森友学園問題とは

森友学園問題が報道されてから時間が経過していますので、森友学園問題とはどういうことだったか振り返ります。

森友学園問題(もりともがくえんもんだい)では、学校法人森友学園の運営する塚本幼稚園幼児教育学園の教育、大阪府豊中市に設立予定だった瑞穂の國記念小學院の設置認可と国有財産払い下げについての議論および関係者の動静を扱う。連日の国会審議で疲弊した財務省職員が審議を簡略化するために書類を改竄したことが指摘され、決裁文書を改ざんした虚偽公文書作成や国有地を不当に安く売却したとする背任など6容疑で市民団体らが佐川宣寿および財務省職員ら計38人を告発したが全員が不起訴処分となった。

wikipediaより引用。

文春オンラインをみた方の声

文春攻めるなー。たのむから編集部の人とか関係者とか、影で消されないように身の安全は確保してほしいな

自分の夫がこんな遺書を残して自殺したら黙ってはいられないと思います。無念を晴らしたいと思うのが家族の本心なのではないでしょうか。赤木さんの奥様、お辛いとは思いますが頑張って欲しいです。応援しています。

安倍首相を守るために公文書改ざん・隠ぺいにかかわった者すべてが異動する中で、ひとり近畿財務局に残されて責任を負わされた故人の絶望はどれほど深いものだったか。大坂地検特捜部が全て知りながら、佐川局長を不起訴にしたことも恐ろしい。故人とご遺族の無念の思いは晴らされなくてはならない。

事実なら森友再燃ですね。そして断じて許されることではありません。

全て読んだ。「?」マークが全て消えたな。佐川元理財局長、安倍総理、昭恵夫人、麻生財務大臣、どう出る?早くお縄につくなり辞めるなりしてください。

日本がこれを許す国であって欲しくない。まさに暗黒の時代です。

文春買います。#森友問題 は決して終わっていないと思っています。一体何が行われたのか、何があったのか、真実を明らかに!

はちま起稿より引用。

この「手記」の内容が真実だとしたら、確実に荒れるお話です。

この「手記」の画像の一部は、文春オンラインでご覧になることができます。

「ぼくの契約相手は国民です」と語っていた真面目な公務員は、なぜ公文書の改ざんを強いられ、死を選ばなければならなったのか。 3月18日(水)発売の「週刊文春」には「手記」全文が記載されているとされています。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:文春オンラインはちま起稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました