【拡散希望】コロナで酪農家が閉鎖してしまう危機!?苦慮している酪農家を救えるのは私たちです

メディア

ウソかホントかわからない情報に左右され、トイレットペーパーなどの日用品買い占めが続いています。

国や地方公共団体のコロナ対策が気に入らない人や批判的な人もいます。

しかし、私たちが今考えなければいけないのは、正しい情報の見極めと現状が少しでも良い方向に向かうための協力のはずです。

現在、学校が休校し、行き場のない牛乳がたくさんあるという情報があります。

コロナの影響で苦慮している酪農家を救えるのは私たちです。

コロナの影響で苦慮している酪農家の報道

yahooニュースにコロナの影響で全国の小中学校が休校し、学校給食向けの牛乳が余るので、酪農家やメーカーが苦慮しているという報道がありました。

新型コロナウイルスの感染拡大防止へ、政府が示した全国小中高校の臨時休校方針で学校給食が停止することを受け、農畜産物の供給に混乱が生じている。学校給食向けの牛乳(学乳)は飲用向け生乳の1割近くで、供給先を失った産地やメーカーは対応に苦慮する。野菜でも給食向け取引のキャンセルが相次ぐなど影響が広がっている。

yayooニュースより引用。

SNSで酪農家を応援する声

牛乳を使ったステキなレシピをご紹介

台風でも甚大な被害を受けた酪農家さん。

その損出も大きかったのに、ここにきてコロナでまた被害が…

牛乳は乳牛から乳を搾ることでできるのは当然なのですが、消費がないからって搾乳しないわけにはいかない。

消費がなければ、大量の牛乳が余る、廃棄処分になってしまいます。

この記事で紹介させていただいたように、牛乳は飲むだけではなく、少し手を加えるだけで素敵なレシピに早変わりします。

酪農家を救えるのは、私たち消費者です。こんなときこそ助け合いです。

経済を止めることで生活に支障がでる人を助けたいですよね。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました