千葉市長からの『コロナの注意喚起の方法』⇒ネット民「これが知りたかった!」「当たり前のことだけど、こうした具体例の発信を見て欲しい」

気になるツイート

新型コロナの感染者数が、日本国内で1日あたり7000人を超えました。

コロナの報道を見ていると、感染者数ばかりが取り上げられ、具体的ではないなと感じることがあります。

なかなか減らない新型コロナ感染を受け、熊谷千葉市長が千葉市の感染事例を用いた注意喚起をすることを発表しました。

千葉市長からの『コロナの注意喚起の方法』

千葉市では実際に千葉市で起きた感染事例を挙げて市民に注意喚起することとに。

・昼の休憩時間に一緒にお弁当を食べた後にマスクを外したままで会話し、全員感染

・同じ幼稚園に通う家族同士でホームパーティをしたら感染 ・体調が悪いのに無理して出社→集団感染

今後も伝わる呼びかけに努めます。

熊谷千葉市長のツイートです。

千葉市での感染事例を用いて新型コロナの注意喚起をされています。

新型コロナの報道を見ていると、密を避けるとか、マスクをしましょうなどの注意喚起が多いのですが、実際の感染例を具体的に示してあると、何をしてはいけないかわかりやすいですよね。

ネットのコメント

新型コロナについては、注意すべきことについては報じられていますが、感染ケースについて細かく報道されているのはあまり見かけなかったと思います。

このような具体例があると、新型コロナ感染防止のための行動に、変化がありそうですよね。



この記事がよかったらシェアしてくださいね。

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるツイート
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました