「マスクをしてるとなんだか頭が痛い」この7つ症状がでたら疑って?激増するアフターコロナの病、これを知らないとあなたも突然意識を…

気になる情報

新型コロナウィルス感染拡大防止に、ほとんどの方がマスクをして外出やお仕事をされています。

コロナは収まりつつあると言えると思いますが、油断は禁物です。

自衛のため、新型コロナ感染拡大防止のためにマスク着用は欠かせませんが、こんな症状で意識を失って病院搬送されている方が増えているそうです。

激増するアフターコロナの病

緒方恵美さんのツイート。

化学繊維マスクによる「マスクかぶれ」について話されています。

  • 顔の下半分がなんかザワっとする

  • 痒くなる

  • 気づいたらおでこまで時々痒い

  • なんなら頭皮まで時々痒い

  • 目や耳の奥が痒い

  • 目が腫れてくる



化学繊維マスクによる「マスクかぶれ」を疑うべき6つの症状が書かれていますが、マスクかぶれを放っておくと、皮膚が荒れるだけではなく、最悪「アナフィラキシー」の症状がでることもあるそうです。

アナフィラキシーの可能性が高い場合

次の3つのうち、いずれかに当てはまる場合は、アナフィラキシーの可能性が高いとされます。

1.突然(数分~数時間)、皮膚や粘膜の症状があらわれ、さらに、呼吸器系の症状あるいは血圧の低下などのうち少なくとも1つの症状がある場合

2.抗原と疑われるものに触れる、あるいは食べたり飲んだりした数分~数時間後、次の症状のうち2つ以上が突然あらわれた場合

3.すでに抗原とわかっているものに触れる、あるいは食べたり飲んだりした数分~数時間後、血圧の低下がみられた場合

アナフィラキシーってなあに.jpより引用。

緒方さんは、病院ではなく、鍼灸院に行かれたそうです。

疲労やストレスが溜まることで免疫力が落ち、アレルギーが出やすくなるそうですが、布マスクにしたらスッキリラクになったそうですよ。

そして、もう1つの症状が、「マスク頭痛」

東京頭痛クリニックさんのホームページに、マスク頭痛の原因が書かれています。

「マスク頭痛」に注意して下さい!

日本人、特に若者が大好きな伊達マスク依存症の方だけではなく、今や新型コロナを防御のためにほぼ全員がマスクを着用している現状です。

マスクを常時していると、片頭痛をお持ちの方だけでなく、緊張型頭痛(スマホ首頭痛)にも悪影響を及ぼします。

・マスク頭痛の原因

①十分な酸素が吸えない、自分の吐いた息をすぐに吸うため二酸化炭素が多く含まれた空気を吸うことになります。二酸化炭素は頭蓋内血管を最も強く拡張させる化学的因子なのです。片頭痛をお持ちの方は、ドライアイスを長時間吸っていると発作が起こってしまいますので、ご注意を!

②マスクは両耳をゴムで固定していますので、徐々にコメカミ(側頭筋と言います)に負担がかかり、その後に顎の筋肉(咬筋)にも負担が及び、最終的には頭蓋骨にくっ付いている胸鎖乳突筋(耳たぶの後ろに頭蓋内の出っ張りが触れると思います。この直下の筋肉で首のほぼ中央にある大きな筋肉です)に強い負担がかかります。長時間のマスク着用はこの胸鎖乳突筋が凝ってきますが、スマホ首同様、強い首コリ頭痛になります。

③マスクを着用していますと、体温が36.0℃で目の周囲も36.0℃だとしても、マスク内は40.0℃以上に容易に上がります。今までにサウナに行かれた方は少なからずいらっしゃるかと思いますが、サウナ内の熱い空気は吸い難いですし、何となく息苦しいですよね?

また逆に冬にマスクをしていると防寒だけではなく、吸気温も高くなりますので呼吸をすると暖かく感じると思います。

マスクを長時間着用していますと結果的に息苦しく感じるだけではなく、吸気温度が上がることで口腔周囲の血流も良くなり、ひいては頭蓋内血管を拡張させてしまいます。

もちろん時節柄、マスクを着用しないでの外出・就労は非常識と考えられてしまいますし、新型コロナ防御のためには絶対必要な武器になりますが、長時間に渡るマスクは頭痛持ちの方には発症の強い誘因になってしまいますので、クリーンで感染の可能性がない場所では1時間に1分でも良いのでマスクを外して下さい。口腔周囲温度も低下して、体内の二酸化炭素も急減します。

東京頭痛クリニックより引用。

確かにマスクを着けていると、違和感や頭痛を感じるときがあります。

通気性のよい布マスクの方がいいのかもしれません。

マスクかぶれ、マスク頭痛へのみんなの声

マスクかぶれ、マスク頭痛に悩む人は多いですね。

通気性の良いものにしたり、蜜を避けて適度にマスクを外すなどの対策が必要です。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:twitter、東京頭痛クリニック

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる情報
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました