【マスクオフライン転売】法の目を盗むマスク商人次々と現る⇒インスタ垢も特定されている模様

メディア

2020年3月15日に施行されたマスクの転売禁止に関する法律。

購入価格を超える価格でのマスク転売は禁止となり、メルカリやヤフオクなどで高額転売している「転売ヤー」と呼ばれる人達がインターネット転売できなくなりました。

しかし、法の目をくぐりマスク転売や高額販売する者は後を絶たないのが現状のようです。なかには、移動しながらマスクを販売する「マスク商人」もいるようです。

この記事は、移動しながらマスクを販売している「マスク商人」についてお話しします。

移動しながらマスク販売を行う「マスク商人」

滝沢ガレソさんのツイート。名古屋でスーツケースにマスクを詰めて売り歩く「マスク商人」がいるとツイートされ、画像が添付されています。

ツイートによると、マスク商人には仲間がいて、互いに連絡を取り合い移動しながらマスクを売っているようです。

かばんに書かれている文字を見てみると、「マスク5枚で660円」「50枚入り1箱5000円」と書かれています。

毎日朝から並んで購入している人もいるようです。

マスク商人のインスタグラムアカウント

同じく滝沢さんのツイートですが、「マスク商人」のインスタグラムアカウントとマスク商人の元締めというか、上役の人に見える写真も添付されています。

私はマスク商人のアカウントを確認できませんでしたが、画像が添付されていましたので紹介します。

インスタには他にも画像があったようですね。

マスク商人は全国にいる模様

ドラッグストアでなかなか手に入らないマスクですが、インターネット転売ではなく、移動して売り歩く人もいるのですね。

値段も1箱50枚入り5000円なら若干高く感じますが、背に腹は代えられぬと購入する方もいるでしょう。

とはいえ、どこを探しても売ってないマスクをカバンや段ボールに詰めて持ち歩いているなんて驚きです。

一日も早くマスクが通常のルートで流通することを望みます。

参考:Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました