「娘の帰りを心待ちに」避難を断り濁流に飲まれた老夫婦。冷蔵庫に残された「ごちそう」に涙がこぼれ落ちてくる…

気になるニュース

大雨特別警報が発令された九州豪雨。

熊本県南部では、7月4日に被害が集中。被災地では、日を追うごとに新しい犠牲者が発見されています。

「娘の帰りを心待ちに」避難を断り濁流に飲まれた老夫婦

ライブドアニュースにこんな悲しいエピソードが書かれていました。

「ごちそうで迎えようと思ってたみたい」次女は涙

熊本県人吉市下林町の西橋欽一さん(85)と妻恵美子さん(82)は、近隣住民が避難しようと誘ったが、断ったという。4日は北九州市から次女の西村直美さん(51)が家族で帰省する予定だった。帰省するたびに米袋を持たせてくれた両親。夫婦が重なるようにして見つかったリビングには米袋が置いてあった。「家で待とうとしたのかな。なんで(避難を)断ってしまったの?」。西村さんは声を震わせた。

西橋さん夫婦の自宅近くには、球磨川と支流の万江川が合流する地点がある。4日は早朝から住民らが避難を始めていた。テレビで人吉市の状況を知った西村さんは両親に電話をかけたが、つながらず、消防に救助を要請。「どうか生きていて」と願ったが、5日に両親の遺体が見つかった。自宅の1階は完全に水につかっていたという。

新型コロナウイルスの影響で県境を越えた帰省ができなかった日が続き、両親との電話では「コロナが落ち着けばね」が互いの口癖だった。3日夜、恵美子さんから「帰ってこんのねー?」と電話があり、西村さんは「明日帰るから」と返していた。冷蔵庫の中には刺し身や肉があった。「ごちそうで迎えようと思ってたみたい」。涙が止まらなかった。

ライブドアニュースより引用。

twitterのコメント

亡くなられた西橋さん夫妻や犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:ライブドアニュース、twitter

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるニュース
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました