【大炎上】豊島区議会議員・くつざわ亮治虫氏「伊藤詩織さん勝訴は日本を滅ぼす」として性交承諾書なるものを拡散も下劣すぎると批判殺到…

メディア

ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が、元TBS記者の山口敬之氏(53)から性暴力を受けたとして、1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は18日、「酩酊(めいてい)状態で意識がない伊藤さんに合意がないまま性行為に及んだ」と認定し、山口氏に330万円の支払いを命じました。

かねてから、伊藤詩織さんへの侮辱ともとれるようなyoutube放送をしていたといわれるくつざわ亮治豊島区議会議員

今度は、性交承諾書を作り、自身のツイッターで投稿したことで炎上しています。

この記事は、くつざわ亮治豊島区議会議員がツイッター投稿した性交承諾書についてお話しします。

くつざわ亮治豊島区議会議員について

くつざわ亮治豊島区議会議員は、NHKから国民を守る党から2019年に立候補し当選。その後すぐに除名になっています。

刑事告訴します!NHKから国民を守る党を除名した豊島区議会議員【くつざわ亮治】を被疑者【公職選挙法違反及び名誉棄損罪】として刑事告訴します
くつざわ亮治豊島区議会議員経歴
  • もともと「ボウズプロパガンダー(ボウズP)」の名でニコニコ動画に過激な動画を投稿。
  • 2011年に、インターネットを通じて注射器を無許可販売した疑いで警視庁に逮捕され、懲役2年(執行猶予3年)の有罪判決を受けた。 有罪判決により獣医師免許を取り消されたため、「しきしま会」を結成し、活動家に転向した。
  • 2016年の都知事選の際には、小池百合子を応援したが選挙事務所の裏口から、勝手に入ったことが判明して事務所のスタッフに追い出された。
  • 2017年1月にしきしま会は内紛で分裂した。
  • 2017年7月の都議選に「東京都軍」などを公約にして出馬表明したが、公示日前日に出馬を見送った。
  • NHKから国民を守る党公認で2019年(平成31年)の豊島区議会議員選挙に出馬、当選。2019年4月29日、同党を除名処分。

くつざわ亮治豊島区議会議員が伊藤詩織さんを侮辱していると思われるシーン

くつざわ亮治豊島区議会議員が伊藤詩織さんを侮辱していると思われるシーンがツイッターに投稿されていましたのでご覧ください。

くつざわ亮治豊島区議会議員が作成した性交承諾書

くつざわ議員が性交事後訴訟から男性を守るために作った性交承諾書。

「そういう機会が多い男性は、プリントアウトして持ち歩くことを推奨します。」とツイートしていますが、これはレ○プを推奨していると誤解を招きかねない発言ですね。

くつざわ亮治豊島区議会議員の性交承諾書に対するみんなの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました