鬼滅の刃、社会的ハラスメントを生み出していたことが判明してしまう

気になる情報

大ヒット映画の「鬼滅の刃」がハラスメントを生み出していたことが判明しました。

鬼滅の刃が生み出したハラスメントを「キメハラ」というそうですが、キメハラとはどんなハラスメントの事を言うのでしょうか。

「キメハラ」とは

キメハラとはどんなハラスメントなのか。

「鬼滅まだ見てないの?」「見ようよ」と押し付けてくる行為

「鬼滅がダメな人っているんだ」と好みを否定する行為

「鬼滅がつまらない、興味ない」と他人に言えない雰囲気

よくある行為かもしれませんが、大多数の人が良いとするものを押し付けたり、興味がないのがおかしいと否定したり、興味ないとは言わせない雰囲気を作ったりする人がいます。

流行について行かないほうがおかしいという雰囲気ってあったりしますよね。

ネットのコメント

キメハラについてネットのコメントを調べてみました。



確かに、日本人には同調圧力があるかもしれませんよね。

しかし、興味のない人にとって「鬼滅の刃」を押し付けられるのは苦痛以外のなにものでもないのかもしれません。



この記事がよかったらシェアしてくださいね。

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる情報
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました