35年前に御巣鷹山に消えた日航123便が現れる。「JAL123は永久欠番」「これも解明されずに終わるのか」今、レーダーに映っているJAL123に悪寒がはしる…

気になるツイート

1985年、今から35年前に群馬県多野郡上野村にある御巣鷹山に墜落した「JAL123便」

乗客乗員524人のうち死亡者数は520人、生存者は4人という大事故でしたが、日本航空123便墜落事故のあと、「JAL123便」は永久欠番となっています。

しかし、携帯アプリのフライトレーダーに、JAL123が映ったとtwitterで話題になっています。

35年前に御巣鷹山に消えた日航123便が現れる

フライトレーダーに記された「JAL123」の文字。

「JAL123」は、1985(昭和60)年8月12日に起きた、日本航空123便墜落事故のあと、永久欠番となっているはずです。

フライトレーダーに映し出された「JAL123」は一体何だったのでしょうか。

3年前には、同時刻に飛ぶANA機に機体トラブルが

3年前の2017年8月12日、JAL123便と同時刻、同ルートを飛ぶANA機にも機体トラブルがありました。

2017年は、日本航空123便墜落事故から33回忌にあたる都市。

33回忌は、年法要の区切りとされることも多く、悪寒が走るニュースです。

日本航空123便墜落事故

123便は東京国際空港(羽田空港)発大阪国際空港(伊丹空港)行きの定期旅客便で、相模湾上空を飛行中に機体後部の圧力隔壁が破損、垂直尾翼補助動力装置が脱落し、油圧操縦システムを全喪失、操縦不能に陥り迷走飛行の末、午後6時56分30秒群馬県多野郡上野村高天原山の尾根(標高1,565メートル、通称御巣鷹の尾根)に墜落した。

乗客乗員524人のうち死亡者数は520人、生存者は4人であった。単独機の航空事故の死亡者数として2020年令和2年)7月時点で世界最多である。

夕方のラッシュ時お盆帰省ラッシュが重なったことなどにより、著名人を含む多くの犠牲者を出し、社会全体に大きな衝撃を与えた。特にこの事故を指して『日航機墜落事故』『日航ジャンボ機墜落事故』と呼ばれることもある。

wikipediaより引用。

twitterのコメント

バグではないかという指摘がありますが、JAL123は永久欠番なだけに、背中がぞくぞくするお話しです。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:twitter

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるツイート
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました