【池袋暴走事故】飯塚幸三被告、第2回公判で認めないどころかもはや興味すらなかった

気になるニュース

12月3日、池袋暴走事故の2回目の公判が開かれました。

初公判では遺族に謝罪するも、無罪を主張した飯塚幸三被告。

2回目の公判では、目撃者が出廷し証言を行いましたが、このときの飯塚被告の様子が話題になっています。

池袋暴走事故の2回目の公判の様子

池袋暴走事故の2回目の公判が12月3日に行われ、3人の目撃者が出廷しました。

3人の目撃者は法廷で、「プリウスは減速していない」「ブレーキランプは1度も点灯していない」と証言しています。

このときの飯塚幸三被告の様子が報道されています。

・弁護人に車イスを押されて法廷に現れた被告は、やはり下を向いたままの状態が圧倒的に多かった。

・10時15分 ずっと下を向いていた(深くうつむき、眠っている?)

・10時31分 じっと前を見つめていた。1人目の証人が退出すると、また下を向いて眠っているようにも。

・10時45分 また深くうつむき、眠っている?

・10時54分 深く下を向いて眠っている? モニターはまったく見ない。

今回は、証人たちが提出したドライブレコーダーの映像(写真)が映し出される大型モニター2台を法廷に設置。

被告は当初こそ一瞬、見上げたことはあったが、ほぼうつむき加減でうなだれているのか、思い出したくないのか。ウツラウツラとしているようにも……。

・11時05分 検察と証人のやりとりにまったく関心なし? 下を向いて微動だにしない。

・11時11分 また下を。モニターはいっさい見ない。

yahooニュースより引用。

公判中は終始うつむいていたという飯塚被告。

高齢であることから、長時間の裁判は辛かったのでしょうか?

それとも、本当に眠っていたのでしょうか?

それとも、無罪になると信じての余裕なのでしょうか…

池袋暴走事故

池袋暴走事故は、東池袋自動車暴走死傷事故とwikipediaにはまとめられています。

東池袋自動車暴走死傷事故(ひがしいけぶくろ じどうしゃぼうそうししょうじこ)は、2019年(平成31年)4月19日に東京都豊島区東池袋四丁目で発生した交通事故(自動車暴走死傷事故)。

高齢者の運転する乗用車が暴走して交差点に進入し、歩行者・自転車らを次々にはね、計11人を死傷(母子2人が死亡、同乗していた加害者の妻を含む9人が負傷)させた。

加害者は自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で書類送検・在宅起訴され、2020年(令和2年)10月から東京地裁で刑事裁判が開かれている

wikipediaより引用。

飯塚幸三被告が事故後に逮捕されず、在宅起訴となったことから、「上級国民」というワードが生まれた事件でした。

ネットのコメント

ネットのコメントを見ていると、「法廷では居眠り運転か!」などの飯塚被告に対する怒りのコメントが多数見られました。

裁判後に飯塚被告の自宅に取材に行った報道陣によると、「取材ですか? お断りします。具合が悪いので…」と、奥さんらしき方に断られたということです。

事故の供述と目撃者の証言が食い違っているこの裁判。

高齢を理由にした記憶違いで逃げ切るつもりなのでしょうか…

>>【池袋暴走事故】「本日は父の日です。 動画は2歳4ヶ月の時、莉子が生まれて初めてボタンをかけられた時のものです…」残された父の言葉が最後まで読むと泣けてくる…

>>【被害者しかいない交通事故】轢き逃げ、重症8人、死者2人、「上級国民」飯塚幸三に轢き殺される直前の被害者家族のLINE画像がこちら…


>>【池袋暴走事故】上級国民・飯塚幸三に妻子を轢き殺された松永さんへ高齢ドライバーがかけた言葉が酷すぎる…


>>池袋暴走事故のwikiが編集不可に!飯塚幸三被告の名前すら姿が…


>>飯塚幸三に同じような前科があることが判明。裁判で検察がなぜこれをはっきりと言わなかったのか?



この記事がよかったらシェアしてくださいね。

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるニュース
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました