渕上惺愛ちゃん父親顔画像「無職の注意欠格障害」大阪岸和田女児置き去り

ニュース
Pocket

大阪府岸和田市で、渕上惺愛ちゃん(ふちがみ・せいら)(2)が父親が運転する自動車の車内に置き去りにされ亡くなるという事件が起きました。

ニュースによると、渕上惺愛ちゃんは岸和田市内にある市立桜台保育所の駐車場でぐったりしているところを父親が発見し、通報したとのことですが、この事件には違和感があります。

この記事は、大阪岸和田女児置き去り事件の経緯についてや、渕上惺愛ちゃん父親顔画像になどについてまとめます。

大阪岸和田女児置き去りのニュース

大阪府岸和田市で、渕上惺愛ちゃん(ふちがみ・せいら)(2)が父親が運転する自動車の車内に置き去りにされ、亡くなるという事件が起きました。

12日午後5時半ごろ、大阪府岸和田市尾生町5丁目の市立桜台保育所の駐車場で、保育所に通う渕上惺愛ちゃん(2)=岸和田市岸の丘町=が乗用車内でぐったりしているのを父親(33)が見つけ、119番した。惺愛ちゃんは意識不明の状態で病院に搬送され、約1時間半後に死亡が確認された。

大阪岸和田女児置き去りのニュース

子供を車内に置き去りにするといえば、静岡県牧之原市で起きた牧之原幼稚園バス3歳女児死亡事件が記憶に新しいですよね。

渕上惺愛ちゃん父親顔画像「無職の注意欠格障害」

渕上惺愛ちゃんの父親の顔画像は公にはされていません。

ですが、この父親は、せいらちゃん以外のきょうだいを他の保育所に預けにいったことがわかっていて、きょうだいを預けた後、せいらちゃんも預けたつもりになっていたといいます。

他の記事では3人子供がいて、2人はこども園に送って、亡くなった子は違う保育所に送るつもりが忘れて自宅に帰ったらしいです。 で、夕方に迎えに行ったら登所してないと言われて車内を探したとか…

父親が保育園に子供を送った後、会社へ出社する様子を見かけますが、せいらちゃんの父親は自宅へ戻ったことから、この日は会社へは出勤していません。

出勤はしていないんです。 別記事では、他の子二人を送り、別の保育園にこの子を送るのを忘れて、そのまま自宅に戻っていたようです。

せいらちゃんの父親は会社勤めをしていないのか、在宅ワークなのかはわかっていませんが、自分の子供を車に乗せたことを忘れてしまうって考えにくいですよね。

渕上惺愛ちゃんの父親は無職という可能性もあります。

また、匿名掲示板には、渕上惺愛ちゃんの父親は「注意欠格障害」ではないかという投稿もありました。

これが注意欠陥障害ってやつ?

掲示板に書き込みされていた注意欠格障害について調べてみると…

注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは発達障害の一種の病気です。特徴的な症状として、年齢に見合わない「不注意さ」、好きなこと以外に対する集中力がなくほとんど関心や興味を示さない「多動性」、思いついたことをよく考えずに即座に行動に移してしまう「衝動性」が見られます。

注意欠陥障害とは

自分の子供を保育所に送り届けたつもりになり、確認しなかった「不注意」や、他のきょうだいを送り届けたあと、せいらちゃんを忘れている「多動性」を考えると、渕上惺愛ちゃんの父親は「注意欠格障害」であるのかもしれません。

大阪岸和田女児置き去り事件の時系列「父親は自宅へ戻っている」

ニュースだけ読んでいると、渕上惺愛ちゃんの父親は市立桜台保育所の駐車場に車を止めていたように感じますがそうではありません。

大阪岸和田女児置き去り事件の時系列をまとめると…

大阪岸和田女児置き去り事件の時系列
  1. 朝、きょうだい3人を車に乗せて、保育所へ向かう。

  2. 次女のせいらちゃんを除く2人を保育所へ預ける。
  3. せいらちゃんを別の保育所へ預け忘れて自宅へ戻る。
  4. 9時間後、せいらちゃんを乗せたまま保育所へ迎えに行き、せいらちゃんを車に置き去りにしていたことに気がつく。

せいらちゃんの父親は、せいらちゃんを車にのせたままであることを忘れ、保育園まで迎えにいっていた。

その時、保育園の職員からは、「せいらちゃんは登園していない」と言われていることに驚きですよね。

大阪岸和田女児置き去りの場所「久米田池のそばの駐車場」

大阪岸和田女児置き去りの場所ですが、市立桜台保育所の駐車場であることがニュースにでていました。

市立桜台保育所をグーグルマップで見てみると、久米田池のそばにあることがわかります。

ニュース画像とストリートビューを比較してみると…

桜台保育所から少し離れたところにある、車が3台~6台程度停められる駐車場であることがわかります。

渕上惺愛ちゃん置き去り死へのネットの反応


村田兆治火事の原因「何もかも終わらせたい」火災直前30分の真相

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました