娘の遺体を埋め、10万円給付金を騙し取った怪夫婦。「黒い家」を彷彿させるおぞましい遺棄理由に背筋が凍りついた

気になるニュース

北海道旭川市で、亡くなった娘さんの死亡届を提出せずに、新型コロナ特別定額給付金10万円を詐取した事件がありました。

娘を生きているように見せかけた夫婦は、10万円給付金だけではなく、娘さんの児童手当も不正受給していたと報道されました。

正気の沙汰とは思えない怪夫婦の行動ですが、裁判でもおぞましい供述をしています。

娘を埋めた怪夫婦のおぞましい遺棄理由

自分たちの娘を埋めた怪夫婦が犯行に及んだ理由は、「猫で家の雰囲気を明るくしたいと思った」

正気の沙汰とは思えない犯行と犯行理由ですよね。

・自宅敷地内に娘の遺体を埋めたとして、死体遺棄罪などに問われた北海道旭川市の無職の男(38)と妻(36)の両被告の公判が4日、旭川地裁(三沢節史裁判長)であった。

・娘が生きていると見せかけ、特別定額給付金10万円をだまし取った。

・2人は、給付金のほかに、死亡した娘の児童手当を旭川市から受け取っていた。

・人が給付金を受け取った当日、約33万円を支払って子猫2匹を購入していた。

・男は、「猫で家の雰囲気を明るくしたいと思った」などと供述した。

ライブドアニュースより引用。

このニュースを見たとき、映画「黒い家」を思い出したのですが、twitterにも同じように感じた方がいました。

黒い家とは

保険金殺人がテーマとなっており、本作品の発表翌年に発生した和歌山毒物カレー事件と内容が酷似していることで話題となった。

書評家の西上心太は、超能力や妖怪などの超自然的存在を利用せずに血も凍る恐怖を描くことに成功した、と評している。

1999年には、森田芳光監督、内野聖陽・大竹しのぶ主演で映画化された。2007年には韓国でリメイク版が制作された。

wikipediaより引用。

旭川市で発生した、娘を埋めて10万円給付金を搾取した事件について、ネットのコメントを調べてみました。

ネットのコメント

・暗くて重いニュース…

・『遺体を埋め』でもあんまりだけど、生き埋めじゃなくて良かった。 捕まって戻ってきたら次はその猫を『あなたが居るだけで捕まった時の事を思い出す!!』とか言って埋めそう。 仮説だけど。

・これはおいおい猫ちゃんも犠牲になりそうというか、犠牲になった。せめてこの猫ちゃん達は新しくいい里親さん見つかりますように

・ひとつも理解出来ないけど猫だけは幸せに暮らせることを願います。



娘さんの死因については、頭部外傷が見つかってますが詳しい死因は確認中のようです。



>>事件当時のyahooニュース



生活困窮しているのに、33万円のねこを飼うなど、理解できない事件ですよね。

亡くなられた娘さんのご冥福と、残された猫の幸せをお祈りします。



この記事がよかったらシェアしてくださいね。

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるニュース
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました