「介護に疲れてしまった」26歳女性が母親を殺める。「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」過去にもあったあの悲しい事件の結末が…

気になるニュース

埼玉県で母親を介護していた26歳の女性が、母親を殺害してしまう悲しい事件が発生しました。

介護に疲れてとのことですが、過去にも同様の悲しい事件があったことを覚えていますか。

「介護に疲れてしまった」26歳女性が起こした事件

同居する母親を殺害したとして、埼玉県警大宮東署は6日、さいたま市見沼区春野、無職、市ノ沢茉衣(まい)容疑者(26)を殺人容疑で逮捕した。容疑を認め「介護に疲れてしまった」と供述しているという。

逮捕容疑は5日昼から夕方にかけ、自宅マンションで無職の母良子さん(60)を殺害したとしている。

同署によると、市ノ沢容疑者は良子さんと2人暮らし。6日午前2時過ぎ、市ノ沢容疑者が「人を殺した。母の首を絞めた」と110番し、駆け付けた署員が居間の布団の上で死亡している良子さんを発見した。遺体に目立った外傷はなく、同署は死因や詳しい経緯を調べている。

毎日新聞より引用。

埼玉県で起きた、実の母親を殺害してしまうという悲しい事件ですが、過去にも同じような事件があったのを記憶されているでしょうか。

「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」

温情判決(京都介護殺人事件) ~もう生きられへん。此処で終わりやで~

京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。

事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。

片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。

片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。

母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。

片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。

生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。

介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、06年1月31日に心中を決意した。


「最後の親孝行に」

片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で

「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は

「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が

「すまんな」と謝ると、母は

「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は

「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。

この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、自分も包丁で首を切って自殺を図った。

冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。

裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。

殺害時の2人のやりとりや「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。

目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。

働くモノニュースより引用。

2006年2月に起きた、京都伏見介護殺人事件と呼ばれる事件です。

京都伏見介護殺人事件(きょうとふしみかいごさつじんじけん)とは、2006年2月1日京都府京都市伏見区桂川の河川敷で当時54歳の男Yが認知症患者の86歳の母親を殺害した介護殺人事件。

wikipediaより引用。

京都伏見介護殺人事件にはもっと悲しい結末が待っていました。

2006年に京都市伏見区で起きた認知症の母殺害事件。承諾殺人罪に問われ、有罪判決を受けた長男(62)が14年8月、大津市の琵琶湖で命を落とした。親族によると、自殺とみられる。

確定判決によると、長男は06年2月、伏見区の桂川河川敷で車いすに座る認知症の母親(当時86歳)の首を絞めて殺害した。自らも刃物で首を切り自殺を図ったが、助かった。

京都地裁は06年7月、長男に懲役2年6月、執行猶予3年(求刑・懲役3年)を言い渡した。裁判官は「裁かれているのは日本の介護制度や行政だ」と長男に同情した。長男も法廷で「母の分まで生きたい」と約束した。

それから約8年。長男はどう生活していたのか。親族らによると、長男は裁判の後、滋賀県草津市の家賃約2万2000円のアパートで1人暮らしを始め、木材会社で働いた。

部屋には母親と事件前に病死した父親の位牌(いはい)を安置する仏壇を置いたが、事件のことを口にすることはなかった。勤務先の同僚は「真面目に黙々と仕事をこなした」。近所の男性は「誰かが訪れるのを見たことがない。孤独だったのでは」と話した。

13年2月、「会社をクビになった」と親族に伝えたのを最後に、連絡が取れなくなった。自宅にも帰らず、行方が分からなくなった。

親族が警察に行方不明者届を出したが、14年8月1日に遺体で見つかった。その日の朝、長男とみられる男性が琵琶湖大橋から湖に飛び降りるのを目撃した人がいたという。

働くモノニュースより引用。

裁判長の温情判決で執行猶予となった男性ですが、8年後に自ら命を絶ってしまったという悲しい結末。

当時の裁判長もやりきれない思いだったと思います。

「介護に疲れてしまった」26歳女性が起こした事件へのみんなの反応

26の若さで悲しすぎるやろ

20代で親の介護は辛いわ

ヘルパーとかデイサービス頼めばよかったのに

ガチで気の毒や、20いうたら、まだ自分の事で手一杯やのに

まあ酌量されるやろ流石に

素直に可哀想やわ、親もこの子も

ワイも三年くらい介護生活やったわ。原因は足で頭は健康やったから殺したくなるほどにはならんかったけどな。けどポータブルトイレの清掃とか汚いし臭いし最悪やったわ

ワイの父親は65で認知症や。今は母親が介護しとるけど何もしとらんワイですらマジでぶん殴ったり、殺したくなるからな今仮に親父が死んでも全く悲しくならないわ

結局これの最適解は何なんや。親が子供に有り余るだけの金を渡してても、そもそも施設も足りてないかもしれん。どうやったら迷惑かけずに死ねるんやろ

働くモノニュースより引用。

京都伏見介護殺人事件の裁判では、「裁かれているのは日本の介護制度や行政だ」と裁判官が同情しています。

施設に入れたくてもお金がない、そもそも施設に空きがない。

この問題の最適解は本当にどこにあるのでしょうか。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:毎日新聞働くモノニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました