JR京都線千里丘駅人身事故に飛び込み予告「バキバキと大きな音がした」男女二人が飛び込み

ニュース
Pocket

大阪府摂津市千里丘を走るJR京都線千里丘(せんりおか)駅で10月8日発生した人身事故。

男女二人がホームに飛び込む姿をJRの運転手が確認したが間に合わなかったとニュースで報道されています。

この事故で、JR京都線は一時運転見合わせとなっていますが、千里丘駅で人身事故が発生したときの様子が次々とSNSに投稿されています。

JR東海道線千里丘人身事故を伝えるニュース

JR京都線千里丘駅で発生した人身事故を伝えるニュースです。

8日午後1時半ごろ、大阪府摂津市千里丘のJR東海道線千里丘駅で、男女2人が宝塚発高槻行き普通電車(7両編成)にはねられた。乗客約200人にけがはなかった。

JR西日本によると、運転士がホームから線路に飛び込む男女2人を確認し、非常ブレーキをかけたが間に合わなかったという。

yahooニュースより引用。

京都-吹田間で一時運転を見合わせ、上下合わせて51本の列車が運休することとなった人身事故ですが、事故発生時のアナウンスが事故の悲惨さを伝えています。

事故発生時のアナウンス

事故発生時に、窓のブラインドを閉めてくださいというアナウンスがあったといいます。

ちょうど大阪出ようとしたら人身事故に遭遇した 反対側やったから見えんかったけどかなりでかい音鳴ってた。怖すぎ。

ブラインド閉めて〜ってアナウンスも怖すぎ

事故に遭遇した方のツイートですが、事故発生現場を乗客に見せないようにするために、乗務員がブラインドを閉めるように促すって怖すぎですよね。

事故発生時の音も「かなり大きかった」といいます。

そして、この人身事故には、飛び込みの予告らしきものがTwitterに投稿されていました。

Twitterに投稿された飛び込み予告

JR千里丘駅で発生した飛び込み事故ですが、事故発生前に飛び込み予告らしきツイートが投稿されています。

ホンマに飛びよった

私の友達が千里丘駅で電車に飛び込む。今千里丘駅にいるって言ってた今さっき会ってた。あまりにもタイミングがよすぎる

連絡が取れない。確定か?とりあえず返信を待つしか出来ないけど

まだ確定か分からないからとりあえず落ち着こう、私は絶対死なないです。

あの時私が殴ってでも止めればよかったのか?わからない

このツイートは既に削除されていますが、投稿者さんの友人が、事故発生前にJR千里丘駅で電車に飛び込むことを予告していたそうです。

その後、連絡が取れなくなったとありますから、飛び込んだ男女二人は投稿者さんの友人である可能性がありますよね。

もし、そうだとしたら、警察の取り調べなどに協力して欲しいと願います。

JR千里丘駅の場所

飛び降り人身事故が発生したJR千里丘駅の場所は、大阪府摂津市千里丘1丁目1になります。

なお、運転を見合わせていたJR京都線は、15:03分にダイヤの乱れがありますが運転を再開しています。

JR千里丘駅飛び降り人身事故のネットのコメント

どの様な事情があるにせよ気の毒です

千里丘駅の人身事故から4時間近く経つのにまだめちゃくちゃ遅延してる、死にたい気持ちは分かるけどこれはすごく迷惑だから他人に迷惑かけないでくれほんと こんなこと言いたくないけど何万人が迷惑してると思ってるんだ…

千里丘駅ってホーム柵無いのかな…あってもJRの大阪エリアのホーム柵は飛び越えやすいやつだけど…

追記:列車に飛び込んだのは10代の2人

10月8日のJR千里丘駅で列車に飛び込んだのは10代の男女であることがわかりました。

飛び込んだ2人は手をつないでいたとの目撃情報があります。

8日午後1時30分頃、大阪府摂津市千里丘のJR東海道線千里丘駅で、男女2人が宝塚発高槻行き普通電車(7両編成)にはねられ、死亡した。2人はいずれも10歳代半ばとみられ、府警摂津署は自殺の可能性があるとみて、身元の確認を進める。

同署やJR西日本によると、電車が駅に到着する直前、2人は一緒にホームから飛び降りた。手をつないでいたという目撃情報がある。運転士は非常ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。乗客約200人にけがはなかった。女性は所持していた保険証の記載から15歳の可能性がある。

yahooニュースより引用

また、飛び込んだ二人は、高校生であることもわかりました。

大阪府摂津市のJR東海道線千里丘駅で電車にはねられ死亡した男女2人の身元について、大阪府警摂津署は9日、同府守口市の女子高校生(15)と同府高槻市の男子高校生(17)と明らかにした。

yahooニュースより引用

二人で一緒に飛び込む勇気があるのなら、二人で一緒に生きるという選択肢があったのではないかと思います…

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました