「お買い物の記録に教えられたこと」西部・そごうの正月広告。2021年が希望と共にありますように

気になるツイート

2020年はコロナの年でした。

旅行に出かけることも出来ず、したくもないマスクを着用し、お祭りもイベントも新型コロナの感染拡大防止のために自粛をした1年でした。

企業や商店、百貨店の売り上げは下がり、国民が我慢した1年。

西部・そごうの正月広告が素敵だと話題になっています。

「お買い物の記録に教えられたこと」西部・そごうの正月広告

ツイートに添付された、西部・そごうの広告。

百貨店が売っていたのは、希望でした。と大きく書かれたレシートです。

新型コロナウィルスで行動が制限された2020年。

それでも、自由に旅行できる日のために662人のお客様がスーツケースを購入された。

マスクの下でもメイクを楽しみたい76,175人のお客様が、口紅を購入された。

夏祭りは中止だったけれど、浴衣は475着。

颯爽と街を歩く日を待ちながら、お求めになったハイヒールは1,001足。

生まれてくる命を、556セットのベビーギフトが祝福した。

足踏みばかりの日々であっても、一人ひとりの「私」は、今日を楽しむ工夫を続けた。

お買い物の記録に教えられた大切なこと。

百貨店が売るのも、お客様が欲しいのも、ただのモノではないということ。

百貨店が売っていたのは希望でした。

ツイートに添付された画像を文字起こししましたが、素敵な文章ですよね。

ネットのコメント

広告主である百貨店だって売り上げが落ちて苦しい1年だったはずです。

新型コロナの収束はいまだ見えませんが、希望を持って過ごしたいですね。

素敵な広告でした。



この記事がよかったらシェアしてくださいね。

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるツイート
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました