【京アニ放火】青葉容疑者さん、舞鶴女子高生メッタ刺し事件で無罪を勝ち取った弁護士を引き当ててしまうww36人焼き殺した男が無罪の可能性が……

気になる情報

京都アニメーション放火事件で、青葉真司容疑者が逮捕されましたが、国選弁護人に舞鶴女子高生殺人事件の遠山大輔弁護士らが選出されました。

青葉容疑者の国選弁護人に遠山大輔弁護士らが選出

京都アニメーション放火事件 ストレッチャー移送し逮捕

京都アニメーション放火殺人事件で逮捕された青葉真司容疑者の弁護人が28日、10日間の勾留決定を不服として、勾留を認めた京都地裁に準抗告を申し立てた

・青葉容疑者は全身やけどから回復したが、自力で歩くことなどはできず、勾留先の大阪拘置所ではベッドの上で取り調べを受けた

・京都弁護士会刑事委員会委員長の西田祐馬弁護士は「容疑者は勾留に耐えうるのか。逃亡の恐れや罪証隠滅の恐れがあるのか。担当弁護人から状況を聞き、会としてのサポートを検討する」と話している

青葉容疑者の国選弁護人には、京都弁護士会刑事委員会元委員長の遠山大輔弁護士ら2人が選任された

遠山弁護士は、検察側が死刑を求刑した京都府舞鶴市の女子高校生殺害事件で弁護人を務め、高裁で逆転無罪判決を得た

朝日新聞デジタルより引用。

舞鶴女子高生殺害事件

2008年5月6日、高校1年の女子高生が夜午後10時以降に自宅を出た後、翌5月7日午前0時50分頃友人に「国道沿いのドラッグストア付近にいる」と携帯電話で話し、その直後に東京に住む兄に携帯メールを送信したのを最後に行方が途絶えた。同日午前9時頃に女子高生が家に帰らないため、女子高生の家族が捜索願を出す。翌5月8日午前8時45分頃に雑木林で女子高生は遺体として発見された。死因は窒息死で死亡時刻は5月7日未明とされる。バールのようなもので女子高生の顔や頭など数回殴って殺害した上、遺体に土や枯れ葉をかけて隠していた。

2011年5月18日、京都地裁は防犯カメラの画像の検察側の画像鑑定は「単なる印象に基づくものが多い」として証拠能力を否定したが、目撃証言や防犯カメラから死亡直前の被害者と一緒にいたことを認定し、未公表の被害者遺留品の供述に捜査上の問題はないとして証拠能力を認めて有罪としたが、偶発的な犯罪であることから死刑を回避して無期懲役判決をした。弁護側は判決を不服として大阪高裁に即日控訴した。

2012年12月12日、大阪高裁(川合昌幸裁判長)は京都地裁の無期懲役判決を破棄し、逆転無罪の判決を言い渡した。2014年7月10日、最高裁判所は検察側の上告を棄却し、これにより二審の無罪判決が確定した。

wikipediaより引用。

青葉容疑者が放つ逆転満塁ホームランのストーリー

青葉容疑者は、精神障害と診断され、障害者手帳の交付を受けています。

刑法第39条には

  • 心神喪失者の行為は、罰しない。
  • 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

と書かれており、心神喪失で無罪となった事件がいくつもあります。

>>【京アニ砲火】青葉容疑者「焼き殺したのは2人ぐらいだと思ってた」⇒36人焼き殺しても無罪!?青葉真司が持つ逆転の最強カード。これなら何でも許されるのではないのか…

みんなの反応

自殺防止のための勾留ですよ。

国籍条項がなくなったおかげでおかしな弁護士が増えすぎ。日本人が殺害された事件になぜゆるい判決しか出ないのか?この事件なんか悪意丸出しな上に精神疾患やないからな?死刑1択やろ

感情は別にして、刑が確定するまでは推定無罪の原則が成立する。腹立たしいこと極まりないが、勾留することを目的としてはならない。

弁護士との法定外闘争でいたずらに時間を費やすことを避け、生き残ったことを後悔させるまで追い込みながら、極刑判決を確定させることを優先しなければならない。

逃亡の惧れはないかもしれないが、円滑に裁判を受けさせるためには必要じゃないかな。どのみち、完全要介護状態なんだろうし。それに、自殺でもされたら困る。

確かに被疑者は逃亡や罪証隠滅の恐れがない観点から勾留の必要はないが、現時点で釈放(保釈)するなら被疑者は埼玉県の自宅に戻れるのかな。判決確定の前に死んだら困るわね。

こんな奴にも弁護士がつくのか、、、

遠山大輔先生は舞鶴事件の他、Winny事件もご担当されておりました先生です55期なんですね

全身に大やけどして歩行も食事もできないあの状態で逃亡出来るわけないやろうに。

逃亡や証拠隠滅はほぼないのだろうが、事の重大性や被疑者の自殺防止を考えればさすがの裁判所も釈放出来ないだろう。社会的反響が大きすぎるし、自殺だって証拠隠滅に等しい行為と言えるのだから。

人権ってなんだろうなぁって考えさせられる。

はちま起稿より引用。

弁護士が国選となり、青葉容疑者も寝たきり。

実際に裁判開始にはまだまだ時間が必要かと思います。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:朝日新聞デジタルwikipediaはちま起稿、youtube

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる情報
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました