【コロナベイビー】コロナで全国休校要請⇒10代の妊娠相談相次ぐ

メディア

緊急事態宣言の対象が全国へと拡大し、休校や外出自粛の長期化により、10代の妊娠相談が高まる懸念があるといいます。

この記事は、相談が相次いでいる10代の望まぬ妊娠についてお話しします。

10代の望まぬ妊娠が増えている

ライブドアニュースに、新型コロナウィルスの感染拡大に伴う外出自粛や休校の長期化により、10代の望まぬ妊娠への懸念が高まっているということが書かれていました。

神戸市北区の「小さないのちのドア」が24時間365日行っている相談窓口には、2月末以降、特に10代の女性から「妊娠したかもしれない」という電話やメール、LINEが相次いで寄せられている。当初は土日が中心だったが最近では毎日数件はあり、既に妊娠検査薬で陽性反応が出ている子もいるという。

ライブドアニュースより引用。

神戸市北区の「マナ助産院」に設けられた妊娠の相談窓口「小さないのちのドア」には、10代の女性から「妊娠したかもしれない」とう相談が、新型コロナが流行し、学校休校、外出自粛要請がでた2月以降相次いでいるといいます。

どんな相談が寄せられているかというと…

詳しく話を聞くと、休校や外出自粛で「恋人や友人の家にずっと入り浸っていた」という例や、「相手はかなり年上」「初めて会った人で、その後連絡がつかない」という内容も増えてきたといい、「飲食店等のバイトがなくなり、パパ活や援交などに手を出している子も少なくないと感じる」と相談に乗る助産師ら。

ライブドアニュースより引用。

学校も休校、外出自粛、アルバイトも休み。時間を持て余した10代の若者たちが性行為にはしる…

どうして学校が休校になっているのか、なぜ今外出自粛をしなければいけないのかを理解して欲しい…本当にそう思います。

「小さないのちのドア」とは

「小さないのちのドア」は、思いがけない妊娠や、育児で思い悩む女性のための相談窓口。LINE、メール、電話、来所対応を24時間無料で行っています。

小さないのちのドア情報
  • 住所 兵庫県 神戸市北区ひよどり台2-30-6
  • 電話 078-743-2403
  • メール inochi@door.or.jp
  • LINE inochi-door.mana

「小さないのちのドア」ホームページはこちら

10代の望まぬ妊娠へのみんなの反応

濃厚接触は自己責任ぞ

後のコロナベイビーである

少子化対策、働き方改革を強引に進めたコロナウィルス

危機に際しての本能だろう

ちゃんと自粛すらできないんだな今の子供は情けない

10万給付後にもう一度来るよこの波

避妊もできない、自粛も正しくできない子供が親になれるのか?って話。おろしたほうがいい

ウイルス怖くて出産率減るかと思ってたらアホか。

学校が休校している意味を考えろよ。セッ〇スする時間じゃないんだぞ

痛いニュースより引用。

ネットの意見は辛辣なものが多いです。

しかし、外出自粛を無視して街へ出歩いている若者も多いです。

学校が休校している意味を本当に考えて欲しいです。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:ライブドアニュース痛いニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました