【画像あり】透明なだけに良く消える?アメリカのライターも注目する日本製透明消しゴムがこれ【クリアレーダー】

ライフスタイル

シャーペンで書いた字を消すときに余計なところまで消してしまうことってありませんか?

手帳など書く欄が小さいほど余計なところまで消してしまう。メモをとるのに必死なときなんかは、せっかく書いた字を書きなおすにの思わずイラっときてしまうことがあります。

そこでこの記事では、消しゴム以外にも使い方があり、アメリカのライターも注目する消したいところだけをピンポイントで消せるシャーペン派に大評判の透明な消しゴムを紹介します。

透けて見えるから消しやすい透明な消しゴム

透けて見えるから消しやすい透明な消しゴムの名前は「クリアレーダー」、シードという大阪市の会社が販売している消しゴムです。

柔軟性のある素材を使い、グリップ力のある消し心地と折れにくさを両立させた商品で、最大の特徴は消しゴム本体が透明な点です。

https://news.livedoor.com/article/detail/17498254/ より引用。

11月下旬にTwitterで紹介されたクリアレーダーは、文字やイラストなど消す際、本体が透明なので消したい部分を確認しながら使うことができ「すっごい綺麗」「シンプルに欲しい」と話題になっています。

クリアレーダー開発担当者のお話し

透明なのに良く消える消しゴム「クリアレーダー」の開発担当者のお話しです。

「以前にも透明消しゴムを販売したことはありますが、消字能力の高さ、透明度の高さが今までの商品を上回っています」

https://news.livedoor.com/article/detail/17498254/ より引用。

以前にも透明消しゴムを販売していたシードという会社。クリアレーダーについては、成形方法や配合を工夫することによって、透明性を維持しながら字を消しやすくすることに成功したそうですよ。

アメリカのライターも注目する透明な消しゴム

クリアレーダーはアメリカのライターも注目しています。

「日本は多くの人にとって、イノベーションの分野で世界のどんな地域よりも数十年ほど先を行くテックワンダーランドだ。そしてそれはオフィス用品のようなありきたりなモノにも適用される…」と語るのは、米GizmodoライターのAndrew Liszewski。

そんな彼が注目したのは、大正4年創業の老舗消しゴムメーカー Seed の「クリアレーダー」です。

https://www.gizmodo.jp/2019/11/clear-radar-transparent-eraser.html より引用。

消しゴム以外にも使える驚きのクリアレーダーの使い方

担当者さんのお話しでは、クリアレーダーには消しゴム以外の使い方もあるようです。

空にかざして写真を撮ったり、文字や絵を彫刻したりと、消しゴム以外の使用方法に『なるほど』と感心しました。また、コメントの中には『使わないけど欲しい』『キレイだから買いました』という声を多数拝見したことから、今までとは違った客層にも支持を得ていると感じました」

https://news.livedoor.com/article/detail/17498254/ より引用。

大手百貨店もおすすめ。クリアレーダーのみんなの反応

クリアレーダーは東急ハンズやロフトといった大手百貨店もおすすめする消字能力の高い消しゴム。クリアレーダーのみんなの反応を紹介します。

やわらかい鉛筆の芯はちょっと伸びるという口コミもありますが、クリアレーダーは全国で品薄の状態が続いているそうです。ネットでは「どこに行ったら買えるの?」など情報を求める声もあります。

透明なのに良く消えると話題の「クリアレーダー」

文房具コーナーで見つけたら即ゲットしないと売り切れ必至のようです。

参考 https://news.livedoor.com/article/detail/17498254/ https://www.gizmodo.jp/2019/11/clear-radar-transparent-eraser.html

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ライフスタイル
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました