気になる情報

メディア

その男は保育器内の未熟児を見世物にしていた。男は無資格医「ブラックジャック」だったが、結果6500人もの未熟児を救った。

医学が現代ほど進歩していなかった19世紀。未熟児の死亡率も高かったと聞きます。そんな19世紀後半に、6500人もの未熟児の命を救った1人の男性がいます。しかし、彼は無資格医だったのです。この記事は、19世紀後半に、6500人もの未熟児の命を救った無資格医のお話しです。
メディア

「俺が死んだ後に、息子へ贈ってくれ」ガン闘病の末に亡くなった父からのプレゼントに涙が自然とこぼれ落ちる…

自分が死んだあと、家族はどうなるんだろう。家族に何か残してあげられるだろうか...自分が親ならそう考えたこともあるのではないでしょうか。youtubeに自分が死んだあとに息子へのプレゼントを残した動画があるので紹介します。
メディア

4年も名前もないままボロ雑巾のように育てられた犬、ブリーダーの顔を思い出すと怒りで我を忘れてしまう…

Instagramにエッセイ漫画を投稿している北山イルカさん。 北山さんと愛犬ソラ君との出会いを描いた漫画が評判となっているので紹介します。
メディア

「俺もこの犬になりたい」筋トレ美女への通りすがりワンコのいたずらがムフフすぎてけしからんww

ジムで筋トレをしている時に撮影された動画があります。音楽を聴きながら腕立て伏せをする美女へ向かって歩く一匹の犬。犬はそのまま通り抜けるかと思いきや、女性へいたずらを始めます。
メディア

「先生は女の子好きって…」保育園から泣いて帰宅した娘、私は保育士を絶対に許さない…

家族のエッセイ漫画を描いてインスタグラムに投稿しているひろさん。見る人の心をゆさぶる子供たちのエピソードをインスタグラムに投稿されています。ひろさんが投稿しているエッセイ漫画の中に、娘さんが4歳の頃保育園に通っていた頃のお話しがありますので紹介します。
メディア

くそじじいと言われても立ち続けた通学路…読んだ人をやさしさで包む卒業式前日の児童の行動はこちらです。

産経新聞で毎日連載中の『朝晴れエッセー』。 一般の方から寄せられた600字のエッセーを掲載しています。朝張れエッセーのなかに、児童の登下校を見守る方のお話が掲載されています。ステキなエッセーですので、みなさんにご紹介します。
メディア

【この発想はなかった】1つの炊飯器でごはんとおかず→全主婦に伝えたいすぼら飯の作り方がこちら

ショップジャパンで紹介されていた【ツインシェフ】という調理器。1つの炊飯器でごはんとおかずが調理できることで話題になっています。この記事では、ショップジャパンで紹介されていたツインシェフやツインシェフへのみんなの反応についてお話しします。
メディア

支援物資が届かない…武漢で深刻化する物資不足の中、鋼メンタルで乗り切る猛者6選

中国の武漢では物資不足、支援物資が届かないことも報道されていますが、日本でも発生しているマスク不足。新型コロナ対策だけではなく、風邪、インフルエンザ、そしてこれからの季節は花粉症などマスクは必需品といってもいいのではないかと思いますが、マスクが不足しているのを驚きのアイデアで乗り切っている人々がいます。この記事は、マスク不足を驚きのアイデアで乗り切っている鋼メンタル6選についてお話しします。
メディア

「卵が食べられない病気なんか聞いたことがない。ぜいたくな病気やな」私を救ったお姉ちゃんとの思い出に涙をこらえきれない…

2月2日のgrapeに、2017年と少々古いですが、産経新聞(関西版)夕刊に掲載されている「夕焼けエッセー」で紹介されたエッセーが投稿されていました。幼い姉妹のお話しなのですが、卵アレルギーの妹をお姉ちゃんが助けるというお話しです。
メディア

「うちはそういうのやってないから」「警察に何を言われたとか一切ツイートしないで」神奈川県警が刑事告訴状を突き返す→警察が突き返すならどこにだせばいいんだよ

「はるかぜちゃん」こと春名風花さんが、弁護士さんを通じて刑事告訴状を神奈川県警に提出するも、返されていたことを自身のnoteに書かれています。この記事は、はるかぜちゃんが刑事告訴状を突き返されたことやこのことが書かれたnoteについてお話しします。
タイトルとURLをコピーしました