納棺師が故人の前で流した涙。一人の少女と最愛の父の別れに心打たれる

気になるツイート

納棺師という職業をご存じですか?

納棺師は、故人を棺に納めたり、最期の別れに立ち会う家族を前に冷静な対応を求められる仕事です。

涙を流すなんてもってのほかかもしれませんが、この記事は、納棺師が仕事中に涙を流してしまったというお話しを紹介します。

納棺師が故人の前で流した涙

納棺師の木村 光希さんのツイートです。

お父さんを亡くされた6歳の娘さんから、亡くなったお父さんを棺に納める前に「抱きついていい?」と聞かれた木村さん。

「きっと、喜びますよ」と答えると、娘さんは

「パパ大好き―!」

大声を出して亡くなったお父さんに抱きついたそうです。

納棺師という職業でありながら、故人の前で涙を流した木村さん。

twitterには、さまざまなコメントが寄せられていました。

twitterのコメント


感情を出しすぎて、ご遺族が不快に感じてしまったり 一連の流れに支障をきたしたりしないのであれば 自然に涙が出ちゃうのは、仕方ない、というかやはりそういう心はしっかり持っていたい

木村さんのこのリプが、真摯にお仕事と向き合っているんだなと感じますよね。

ご遺族をのことを思う素敵な納棺師さんだと思います。


この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:twitter

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるツイート
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました