「いじめられている君へ…」イジメについてさかなクンが語りかけてくる言葉が胸の奥まで染みわたる…

メディア

子供社会だけではなく、大人社会でもある「イジメ」。

小さな社会でマウントを取り合ったり、気に入らない人を排除しようとしたり、イジメにあった方は酷く心に傷を負うこともあります。

中学校時代に友人がイジメにあっていたというさかなクンが、「いじめられている君へ」と題して、こんなことを話しています。

いじめられている君へ

丸顔さん(@YEYtQlPmisNBaXH)のツイートに添付された、さかなクンによる「いじめられている君へ」。

朝日新聞に2006年12月2日に掲載されたものですが、友人のいじめを経験したさかなクンが、いじめられている人に向けてメッセージを発信しています。

さかなクンのメッセージを要約します。

さかなクンの「いじめられている君へ」の要約
  • 中1のときに、同じ吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときががあった。
  • いばっていた先輩が3年になったとたん無視されることもあった。
  • イジメは魚の世界(メジナ)に似ている。
  • メジナは広い海では仲良く泳いでいるが、狭い水槽に一緒に入れると、突然一匹を攻撃し始めたことがあった。
  • イジメを受けている魚を水槽から出しても、次のターゲットをいじめる。
  • 広い海ではこんなことがないのに、なぜ小さな水槽ではいじめが起きるのか。
  • 仲間はずれにされた子と一緒にいると、その子はホッとした表情だった。
  • 励ましたりできなかったけど、誰かが隣にいるだけで安心したのかもいれない。
  • 大切な友達ができる時期、小さなかごの中の中で誰かをいじめたり、悩んだりしても楽しい思いでは残らない。

さかなクンは最後に「外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へでてみましょう。」と結んでいます。

いじめられている君へのみんなの反応

子供の世界だけではなく、大人の世界でも同じなのかもしれません。

誰かが寄り添ってあげることができたら、いじめにあっている人の心を少しでも楽にできるかもしれない。

誰かが「やめよう」と言えたら、いじめはなくなるかもしれない。

さかなクンからの「いじめられている君へ」。多くの人に伝えたいですね。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました