「普通のきのこと立派なきのこ、味がいいのはどっち?」真面目なのに放送禁止な15秒をあなたもご覧ください。

メディア

毎日たくさんのCMが流れていますが、なかには真面目に作られているのに放送禁止となったものもあります。

この記事は、きのこ栽培総合企業であるホクト株式会社の放送禁止になったきのこのCMについてお話しします。

「普通のきのこと立派なきのこ、味がいいのはどっち?」真面目なのに放送禁止となったホクトのCM

要潤さんと鈴木砂羽さんが出演されたホクトのきのこのCM。

奥さん、すごい口コミの普通のきのこと立派なきのこ…」要潤さんが鈴木砂羽さんに語りかけるところから始まる15秒のCMですが、真面目に作られているのに放送禁止になっています。

それでは放送禁止となった15秒のCMをご覧ください。

ホクト 放送禁止となってしまったあのセクシーきのこCM 限定公開!!! 要潤 鈴木砂羽

ホクトの菌活CM4本を紹介

前述で紹介したCMを含むホクトの菌活CMは4本あるそうです。

  • 玄関先で口こまれ編
  • 台所で口こまれ編
  • 買い物先で口こまれ編
  • 買い物先で口こまれ編2

いずれも要潤さんが鈴木砂羽さんに菌活についてささやくCMです。

ホクトのCMを4本まとめてご覧ください。

ホクトCM 要潤&鈴木砂羽 全編公開!セクシーすぎる「きのこCM」で話題!菌活シリーズ4部作

ホクト株式会社ってどんな会社

CMを作ったホクト株式会社は、長野県に本社を置く、きのこ栽培の総合企業です。

ホクト株式会社公式ホームページ

創業者は水野正幸。設立当初は、食品包装資材の販売を行う企業であったが、1968年昭和43年)に、ガラスに替わるポリプロピレン製のきのこ栽培容器を製造・販売することで、地震などでも割れないメリットが評価され、以後きのこ栽培用資材のトップメーカーとなった。1983年(昭和58年)に「きのこ総合研究所」を設立して以後、きのこの新品種の開発から製造、販売までの事業を開始、きのこ栽培の総合企業となった。

2002年平成14年)より、商品となっているきのこをキャラクター化、イメージソングとして「きのこの唄」を採用しテレビCMで放映することで、知名度が急上昇、それに伴いきのこ販売の売り上げを大きく上げている。

wikipediaより引用。

「普通のきのこと立派なきのこ、味がいいのはどっち?」真面目なのに放送禁止となったホクトのCMへのみんなの反応

私も紹介したCMを見た記憶があります。なぜ放送禁止なのでしょうか。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:youtube

コメント

タイトルとURLをコピーしました